« 為末気分 | トップページ | 見えないものを受ける能力 »

2015/02/15

おやこっこ

武田一義『おやこっこ』が完結した。

初回から物語全体を包んでいたのは、澄んだ冷たい空気。

それはまるで堀辰雄の作品を読んだ時に受けたような透明感だった。


主人公の冷えきった親子関係と、舞台になっている田舎の情景からだったのだろう。

そんな中で命の灯火を目の当たりにしながらも、そこには、『風立ちぬ』にあった、愛のようなあたたかなモノは見当たらなかった。


しかし終盤数話、物語の雰囲気がドンドンあたたかくなっていって…最終話、花が咲いた。満開の。


芽はずっとあったのだ。

親子愛、家族愛…
あたたかなモノが、確かに、そこに、あったのだ。

武田一義『おやこっこ』


美しくて、胸がチクリと痛んで…
本当にいい作品だった。

3月の単行本の発売が楽しみだ。

|

« 為末気分 | トップページ | 見えないものを受ける能力 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/61158034

この記事へのトラックバック一覧です: おやこっこ:

« 為末気分 | トップページ | 見えないものを受ける能力 »