« マグロ園が… | トップページ | あともうちょっとだけ成田が近ければ、日本は半分くらいまで狭くなるのに。 »

2015/01/23

ランドセルザーッ!

子どもの頃はささいなことでもおもしろく、ささいなことでも悲しく、たくさん笑ってたくさん苦しんで世界は廻っていた。

しかしそんなささいなことはささいなことだから、大人になるにしたがってすっかり忘れてしまった。


マンガ『岡崎に捧ぐ』の作者は、小学生の頃からネタ帳でもつけたたんじゃないかというくらい、あの頃のささいなことを鮮明に覚えている。

山本さほ『岡崎に捧ぐ』


今思うと、
「なんであんなことしてたんだろう?」
って絶対なる、独特の子どもの世界…。

「あったあった、こんなこと!」
と、あの頃の気持ちを甦らせてくれる作品だ。


バカだったなァ、あの頃。

でも最高に楽しかったなぁ、あの頃!

|

« マグロ園が… | トップページ | あともうちょっとだけ成田が近ければ、日本は半分くらいまで狭くなるのに。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランドセルザーッ!:

« マグロ園が… | トップページ | あともうちょっとだけ成田が近ければ、日本は半分くらいまで狭くなるのに。 »