« 走ったぞーっ! | トップページ | 私のプロレス2014 »

2015/01/05

オカダの未来はこれから明るい

 【新日1・4東京ドーム】新日本プロレス4日の東京ドーム大会で行われたIWGPヘビー級選手権。王者・棚橋弘至(38)に挑んだオカダ・カズチカ(27)は王座奪取に失敗した。
 オカダの話=「(泣きながら)正直、ベルト以外のものもかかっていたと思いますから、悔しいですね。でもホント、また明日から来年のドームに向けてしっかり進んでいこうと思う。やっぱり俺が新日本プロレスを盛り上げないと、金の雨は降りませんから。チャンピオンになるのはすぐなれる。それだけじゃなく、来年のドームに向けて、俺が会場を超満員にしてしっかり盛り上げていきます」
 (2015.1.5『東スポWeb』

辛かった“あの頃”があるからこそ、棚橋弘至新日本プロレスのエースなのだ。

中邑真輔と併せてこの2人が、下の選手と絶対的に違うところが、これなのだ。

満員の東京ドームで、あの頃の思いを乗せ、両者が並び立ち、まざまざと実力を見せつけた今年の1.4は、急激に会場に増えている今の・新しい新日ファンというよりも、昔の・あの頃共に悩んでいた新日ファンに響くものだった。


そんなエースの横綱相撲・圧勝劇の陰の、オカダの涙…。

自分が色々あってプロレスを離れていた時にデビューした岡田かずちかは、気付けばいつの間にか新日に金の雨を降らせる男になっていた。

もちろんその恵まれた体格と身体能力は一目瞭然。
すごいレスラーだなって思う。

だけれども、それだけじゃダメなのだ。
それだけじゃ、エースにはなれないのだ。


しかしプロレスは人生。

今日のこの挫折は、きっと将来オカダをエースに成長させる。

才能があって何でもできて、でもクールで、魂の感じられなかった彼に、今それが吹き込まれた気がするのだ。

倒されて、泣いて、悔しがって、そしてそこから立ち上がる…そんなオカダを見たかったんだよ!

だからこそのこれから。
だからこそのリスタートだ!


この転換期を迎え、ますます新日本プロレスが磐石の道の歩みを進めている。

|

« 走ったぞーっ! | トップページ | 私のプロレス2014 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

オカダという存在あってこその、現在の、東京ドームに3万人強を集める、新日本プロレスの活況。
その素晴らしい身のこなしに唸らされ、夢を多くの人が見ているのは事実だと思います。
ですが、わたくしもどこか彼に気持ちを入れられないな…と思っていました。
永田、中西、小島、天山世代とガツガツぶつかるオカダが見たいと思いました。

投稿: ばーにんぐK | 2015/01/08 02:17

ばーにんぐKさま、きょんばんは!

そうなんですよね…彼の実力も人気もわかってはいるんですが、どうしても思い入れが…。
だからこそ今回のドームは待ってました感がありました。

未来を見据えた棚橋の愛のムチでしょうか。
同じように、泥臭い第三世代ならきっと受け止めてくれるはずですよね。
もっと…もっと熱く!

投稿: かんげ | 2015/01/08 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/60932516

この記事へのトラックバック一覧です: オカダの未来はこれから明るい :

« 走ったぞーっ! | トップページ | 私のプロレス2014 »