« 男女別じゃなくて世代別 | トップページ | 伝説を継ぐお店 »

2014/12/02

「うぇーい。今なら楽勝だうぇーい」解散

 衆院選が公示された2日午前、各党党首は一斉に街頭などで第一声を上げた。与党側が安倍政権の経済政策「アベノミクス」の継続を訴えたのに対し、「経済失政」と断じる野党側は政策の転換を迫った。
 安倍晋三首相(自民党総裁)は東日本大震災で被災した福島県相馬市で演説し、復興加速化を約束すると同時に、「復興を進めていくためにも経済を強くしていかなければならない。経済政策が問われる選挙だ」と提起。「デフレから脱却し、経済は成長し、皆さんの生活が豊かになる。これがアベノミクスだ」と力を込めた。
 民主党の海江田万里代表も福島入り。JRいわき駅前で首相の衆院解散の狙いを「アベノミクスの失敗隠し」と位置付け、「(安倍政権の)2年で本当に皆さんの暮らしが良くなったか。投票に当たっては、まずそのことを考えてもらいたい」と訴えた。維新の党の江田憲司共同代表もJR横浜駅前で「アベノミクスで景気回復の実感はあるか。大部分の国民は実感がないと言っている」と指摘した。
 公明党の山口那津男代表は横浜市内の相鉄線二俣川駅前で、賃上げによる実質賃金のプラス転換を約束し、「そういう経済の進め方を連立政権に任せていただきたい」と力説。次世代の党の平沼赳夫党首は岡山県津山市で「国にとって必要なことは(与党に)賛成して引っ張り上げていく」と述べ、是々非々の対応を強調した。
 共産党の志位和夫委員長はJR新宿駅前で「共産党躍進で安倍政権の暴走をストップさせて、新しい政治を一緒につくろう」と呼び掛けた。社民党の吉田忠智党首は大分県臼杵市で「アベノミクスは地方にも中小企業にも労働者にも及んでいない」と主張した。新党改革の荒井広幸代表はJR巣鴨駅前で「アベノミクスを補強する『家庭ノミクス』を提案する」と語った。
 生活の党の小沢一郎代表は2日午後、新潟県魚沼市のJA北魚沼入広瀬支店前で「一部の企業が史上空前の利益を上げているが、一般国民にとっては物価が上がって、収入はどんどん減る一方。それがアベノミクスの実態だ」と批判した。
 (14.12.2『時事通信』

給与が上がらない中税金だけは上がり、思っていた以上に一般家庭の負担は大きくなった。

“消費税8%”、いざはじまったみたら想像以上に辛かった。
まだまだ消費者の買い控えは続くだろう。

先のGDP2期連続マイナスの衝撃など、色々と読みの浅かった安倍政権には失望を抱く。


しかし現政権の悪口を並べるだけで、プランも信念も何もなく、全く準備ができていないまま現段階に至った野党には、もっと大きな怒りを覚える。


何にせよ進み出した政権にストップをかけてみたところで、他に誰もいなく、今より政治が混乱することは目に見えている。

数年前の痛い失敗で、
「今に納得いかないから、誰かにやらせてみよう。」
なんて気軽に政権交代させようとも国民は考えられない。


先月のAPECにて、外交に関してある程度の結果を見せたばかりなのもあるだろう。

そりゃあ、
「今のうちに解散しとこか!」
ってなるわ!


悲しいかなどっちも信用できない状況だ。


今国民から求められているのは、真摯で説得力のある、現政権に変わるプランと信念、そしてリーダーシップ、それを持った人だ。

今のところどこにも見当たらないが。

|

« 男女別じゃなくて世代別 | トップページ | 伝説を継ぐお店 »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/60749356

この記事へのトラックバック一覧です: 「うぇーい。今なら楽勝だうぇーい」解散:

« 男女別じゃなくて世代別 | トップページ | 伝説を継ぐお店 »