« 横浜の金沢 | トップページ | 永遠は残酷 »

2014/11/24

琥珀色の対価

毎年恒例、「勉強」「研究」「試飲」という言葉の隠れ蓑を利用した酔っぱらいの1日(個人的に)、
スコッチ文化研究所主催、

“ウイスキーフェスティバル”に参加。


スコッチはもちろん、

ピートがコレはアレでソレ


バーボンあり、

なんとかっていうろ過法


ジャパニーズあり、

マッサンもいた


カクテルあり、

それじゃあメンバー紹介ー!


ビールあり、

コースターいただきました


で、大にぎわい。


年々着々とパワーアップしていて、今回も昼からヘロヘロになったのであった。


もちろんその分、チケット代も値上がっているのだが。

|

« 横浜の金沢 | トップページ | 永遠は残酷 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/60727094

この記事へのトラックバック一覧です: 琥珀色の対価:

« 横浜の金沢 | トップページ | 永遠は残酷 »