« 指輪をこさえてもらいました | トップページ | 自分は腐った水か、腐ったキャベツか »

2014/11/10

生きることは哀しいことなのか

劇団夜想会アトリエ公演、
『嫁ぐ日』
を観劇。

つかこうへい作品だ。


旅役者一座の物語には、古臭さを感じざるを得なかった。
登場人物に気持ちが入っていくか不安だったが…そこは演出や役者の妙。

彼ら彼女らの必死さ、泥臭さ、うさんくささがリアルで、ドンドン舞台に引き込まれてゆく。
お客を呼ぶために、劇場を盛り上げるために、虚構を演じ虚勢を張り、興行を続けてゆく。

…哀しい。生きることの哀しみだ。


さらにヒロインが女としての悲哀をにじみ出してくると、さらにその思いは強くなる。
若い者に抜かれ、男には理解されず、華々しいステージの裏で悲しみに耐えるのだ。

…哀しい。生きることの哀しみだ。


はじめは若々しく美しく見えていたそんなレイ子役の女優・田中萌さまも、気付けばすっかり老け込んだ印象に…。
「乳もすっかり垂れちゃって…。」
お見事!


舞台上コミカルな場面やハデな殺陣、歌謡のシーン、ダンスのシーンなどが怒涛のようにくり広げられていても、常にそのすぐ側にはそんな思いが横たわっていて…
熱くも哀しい、感情入り交じるお話だった。

祝御出演

|

« 指輪をこさえてもらいました | トップページ | 自分は腐った水か、腐ったキャベツか »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/60673561

この記事へのトラックバック一覧です: 生きることは哀しいことなのか:

« 指輪をこさえてもらいました | トップページ | 自分は腐った水か、腐ったキャベツか »