« 秋の商店街プロレス | トップページ | 職場爆破予告 »

2014/10/21

コーヒィ

セブンイレブンといえば、店内に独特なおでんの香りをプンプンさせているのがかつてのイメージだったが、今ではコーヒーの香りをプンプンさせているのが定番だ。

同時に、そのコーヒーメーカーには大行列が…。


みんな結構コーヒー飲むんだねェ。
特に朝。

渋谷の街中でも通勤時間、コーヒーを持ち歩いている人をよく見る。
片手を90度に曲げ、自分の前に掲げるように紙コップを持っているその姿が決まってみんな同じなので、何か江戸のからくり茶運び人形みたいな印象を受けるのだ。

怖いもの見たさで朝の丸の内とか行ってみたくなる。


セブンが価格破壊を起こし、誰もが気軽に飲めるようにしたおかげで、相変わらず街で人々は掲げるようにコーヒーを持ち歩いてはいるけれどもスタバブームの時のような、持っていることがステータスな現象もなくなったように思う。

|

« 秋の商店街プロレス | トップページ | 職場爆破予告 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/60537131

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒィ:

« 秋の商店街プロレス | トップページ | 職場爆破予告 »