« かどまる | トップページ | 秋の商店街プロレス »

2014/10/18

いたって普通の、家庭の味のような、そんな

U-FILE CAMP那須晃太郎選手がお手製のカレーを煮込み、それをいただくイベントが月に1度、街の喧騒に隠れるようにひっそりと開催されている。

「ひっそりと」という表現は、主催のナスリンの宣伝がヘタなため、毎回集客が十分ではないという理由だ。

かつてイベントのウワサを聞きつけたKAIENTAI DOJO旭志織選手が冷やかしに訪れたところ、広いイベントスペースにポツンと1人たたずむナスリンの姿があって驚愕したという逸話さえも存在しているほどなのだ。


気になるカレーのお味は、いわゆる家庭の味。

これがナスリン☆カレーだ!


しかし毎回手を替え品を替え、特にその時のホストの経済事情で具材のレベルも変わるという旬な部分も取り入れているから、なかなか目が離せない。


新宿ゴールデン街、新宿二丁目、荏原中延の裏路地と会場を転々し、さらに告知は直前の、レアで不可思議なイベント。

興味を持ったあなたは、那須晃太郎Twitterアカウントを細やかにチェック!

仲良し、ではない

|

« かどまる | トップページ | 秋の商店街プロレス »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

ラーメンマンのTシャツ・・・^^

投稿: まんちゃん | 2014/10/24 16:13

まんちゃんさま、こんばんにゃー。

そこー!?
そこ食いつくのー!?

アチョー!

投稿: かんげ | 2014/10/24 17:21

>特にその時のホストの経済事情で具材のレベルも変わるという旬な部分
旬な部分(笑)…切実なものがありますね。
いい感じにどろっとしてますね。

でも自分は、那須晃太郎選手の試合を見たことなくて…それからですね。

投稿: ばーにんぐK | 2014/10/26 00:03

ばーにんぐKさま、こんばんは。

最近、“リング下りたら真摯でマジメ”なんてレスラーが多い中、那須晃太郎はトンパチといいますか自己破滅型で、非常におもしろいです。
ギャンブルで勝った日のカレーは、それはそれは豪勢なものでした…!

リング上でも最近メキメキいいカンジなので、きっとそのうちKさまの視界にも入ると思われます。
その時は、ぜひ熱い視線を!

投稿: かんげ | 2014/10/27 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/60531933

この記事へのトラックバック一覧です: いたって普通の、家庭の味のような、そんな:

« かどまる | トップページ | 秋の商店街プロレス »