« 決して黙らず | トップページ | 凱旋 »

2014/09/02

おじさんになりました

先月半ば、妹が無事に出産した。

肥満、加齢臭、偏屈化…着々とおじさん化している自分が、ついに名実共におじさんに、“リアルおじさん”になりましたとさ。


今日その姪に会って、あいさつがわりのガン無視をいただいた。(泣くのに忙しかったようだ)

手を洗っても洗っても、乳児に触れる気がしない


普段から、子どもを全然カワイイとは思えない自分。

よく「子どもがうまれました!」なんて写真を添付したメールをもらうが、どうしても「カワイイね」というセリフが出てこなくて困っていたのだ。

それでも、
「さすがに自分と血が繋がってる子はかわいく感じるよ。」
と友人から聞いていたのだが…おさる!

目の前のおさるのようなちんちくりんの生き物は、やっぱりお世辞にも、カワイイとは言えなかった…。


それと、あまりにもはかなくて…

ちょっと自分の力加減を間違えたり、ちょっと自分の手が汚れてたりしたらすぐにでも死んでしまいそうで、触れることもできなかったのであった。


しかし、子はかすがいじゃないけれども、彼女の存在が、くたびれた我が家族(特に我々の両親)のオアシスになってくれたらと思う。

|

« 決して黙らず | トップページ | 凱旋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
 
そうなんですよね。。
私も若い頃から子供あまり好きじゃなくて、妹の子供も、一緒にいられるのは頑張って1時間くらい。。。
 
でも、それが、最近、自身が歳とって、もう出産は考えられなくなり、子供のいない人生をと決めたとたんに、姪っ子たちが愛おしくなり、他人の子供まで可愛いと思うようになって。。。。
 
おかしな話です。。。
 
そして、かんげさんちと同じように、我が実家も、子供がいると、この家にも未来があるようで、、、嬉しくなりました。
 
父母はしっかりジーちゃんとバーちゃんになって孫を可愛がってるし。
 
その姿を見ると、あ~あたしは孫も作れなくて、親孝行また出来ないな。。
 
と、少し寂しくなります。。。
 
人生はそれぞれですが、やっぱり、新しい命はとても尊くて、そして、大切なんですよね。
 
これからの未来をたっくさん持っている子供たちのそばにいるだけで、自分も元気になっていきます。
 
 
未来が輝いてるんですよね。
 
 
オジサン達成、本当におめでとうございます!

投稿: まんちゃん | 2014/09/08 12:33

まんちゃんさま、きょんばんは!

アリガトーゴザイマス!

家族のカタチも幸せのカタチもそれぞれなので、全然「親孝行できてない」なんてことはないですよっ。
でもね、そう思っちゃう気持ちも100%わかります…観念的には理解してるんですけどね〜。

姪ももうすこし大きくなったらかわいく感じるのでしょうか。
「かわいい時期は一瞬だな」なんて言ってみたいです。

投稿: かんげ | 2014/09/12 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おじさんになりました:

« 決して黙らず | トップページ | 凱旋 »