« なんのための人類か | トップページ | 今年もクレイジー! »

2014/08/01

カタチのないモノ

セロリの会『ツナガル』を観劇。

舞台上では、愛情を無くした不幸な家族の、悲しい悲しい光景がくり返されている、と思ったのだが、実は…!


本当とウソ、幸せと不幸せ、知ることと知らないこと…そして愛。

カタチのないモノ、それでも確固として存在しているモノを、改めて学べるお芝居だった。

セロリの会『ツナガル』


主演は女優・村田綾さま

劇中時代が交錯し、感情の振り幅も大きい、難しい役どころであったが、見事に演じ切っていて唸らされた。

|

« なんのための人類か | トップページ | 今年もクレイジー! »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタチのないモノ:

« なんのための人類か | トップページ | 今年もクレイジー! »