« ナイトズー | トップページ | おじさんになりました »

2014/08/31

決して黙らず

突然の参戦、ベルト奪取以降、ユニオンプロレスへの批判・挑発の止まらない佐藤光留

チャンピオンだからしょうがないとはいえ、それは時に偏屈で、あまりにもしつこいしめんどくさいしうるさいものだった。


そんな中今夜、「勝って黙らせる。」と、ついにユニオンの雄・石川修司がベルトに挑戦した。

投げろ!

蹴りはもちろんひかるん


両者死力を尽くし、どちらに転ぶかわからない・全く読めない展開、そして終始緊張感に包まれた空気、非常にいい試合だった。

締めと関節ももちろんひかるん

消耗戦!


そして、あっという間の、30分時間切れ引き分け…。


試合後すぐに立ち上がって延長を要求した石川以下ユニオン勢。

対するひかるんはなかなか立てず、まさに薄氷の防衛だったが、よろよろと立ち上がりマイクを握ると…

「(延長試合なんて)やだ!」

王者、黙らず!


結局はそのインサイドワークによる防衛劇ということで、チャンピオンの勝ちだった。


その後突如として若手の風戸が石川に変わって挑戦をブチ上げ、会場も「正直顔じゃない」といった空気に包まれたが…
なによりユニオンの選手たちがそれを認め、自分たちの“未来”として後押ししていくことを宣言し、今日の興行は終わりを迎えた。

団体の父と母


今日劇的に変わると思われたユニオンの勢力図は全く動かず。

この未来、気になるところだ。

|

« ナイトズー | トップページ | おじさんになりました »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/60243375

この記事へのトラックバック一覧です: 決して黙らず:

« ナイトズー | トップページ | おじさんになりました »