« ふぁんしぃ | トップページ | 王道を »

2014/07/10

「元気ですかー!」(追悼コメントもステキだった)

 アントニオ猪木(71)のモノマネで知られ、3日に肝硬変のため47歳で亡くなったお笑いタレント、春一番(本名・春花直樹)さんの葬儀が10日、東京都内の斎場で営まれ、爆笑問題、布川敏和(48)、松村邦洋(47)ら約50人が参列した。
 参列者によると、遺体には、モノマネのときに愛用していた茶色のガウンがかけられ、首に赤いタオルが巻かれていた。体調を崩してから節酒していた辛党の春一番さんのため、妻の綾さんが遺体にバーボンウイスキーの「ワイルドターキー」をかけ、参列者たちも春一番さんに飲ませたという。
 最後は綾さんが、春一番さんのネタをまねて「今日も負けてしまいましたが、気持ちよくやらせていただきます。ご唱和ください。1、2、3、ダー!」とかけ声を上げ、全員で拳を突き上げた。(後略)
 (14.7.10『デイリースポーツ』

春一番によるアントニオ猪木のモノマネは、他の芸人さんとは異なり、必要以上にアゴを出したり誇張することもなく、淡々としている。(モノマネの方向性の違いもあるが)

それなのに雰囲気というかオーラというか、全体的にすごく似ているのだ。


きっと彼の存在自体が、猪木に近づいていったのだろう。

破滅的な生き方も、その一端なのかもしれない。
糖尿病を患う前の猪木のような、“らしい”生き方だった。


数年前に春さんが腎不全によりICUで生死の境をさまよっていた時、そこにおもむろに入ってきた猪木さんが「元気ですか−!」と叫び、飛び起きた彼に追い討ちの如き闘魂ビンタをしたら病気が回復してしまった。
という伝説的なエピソードがある。

話は大きくなっているだろうが、太い絆でつながった2人の関係性をあらわすような、すごくステキな話だ。


 IGFのアントニオ猪木会長が、3日に肝硬変で亡くなった芸人・春一番さんへ追悼のコメントを発表した。春さんはアントニオ猪木氏のものまねで人気を博し、イベントなどで共演することもあった。
 以下は追悼コメント。

 送る言葉に相応しくないかもしれませんが、
 あえて、元気ですかー!!を送ります。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。
 アントニオ猪木
 (14.7.4『スポーツナビ』

|

« ふぁんしぃ | トップページ | 王道を »

「ニュース」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/59959686

この記事へのトラックバック一覧です: 「元気ですかー!」(追悼コメントもステキだった):

« ふぁんしぃ | トップページ | 王道を »