« ジャイアントの脅威 | トップページ | 1つ1つを大切に »

2014/07/27

90

今日は祖母の誕生日。

同時に、“卒寿”の記念日だった。


久しぶりに外出させ、レストランに親族一同集まって、「オメデトー」と食事。

母が倒れ、足腰弱い祖母の面倒を見切れなくなり、実家から施設へ強制入所させたのが、春先

あれから約半年経ったが、そこで少なからず生じた申し訳なさと、日常の距離感が、かつては衝突ばかりだった祖母と両親の間に穏やかな空気を生んでいたように思う。


おばあさんはどこまで理解していたのかはわからないが…
久しぶりの高カロリーの食事を、成人男性並みにがっつき、堪能していたのでよしとしよう。

「ババア!気を確かに生きろよ!」

速攻胃の中にしまわれた


そういえば、母親が病気をしてから、はじめて祖母と親子2人で並んでいるのを見た。

車イスの母(祖母)に、よちよちの子(母)が、寄って行き、おぼつかない言葉で、
「…大丈夫?元気?」

と、少し恥ずかしそうに話しかけているのが何とも奇跡のような、
「どっちも元気じゃないだろ!」
と突っ込み待ちかと思うような、シュールな嬉しい光景だった。

|

« ジャイアントの脅威 | トップページ | 1つ1つを大切に »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高カロリーの食事をがっついた、というのが元気さを表していますね。普段の施設での食事はカロリーを抑えないといけない面がありますから…祖母さまには待望だったと思いますね!
「気を確かに」…うん、そして、心安らかに過ごしてほしいですね。また何らかの理由で、ご家族様の負担ない範囲(ここ大事)で、水入らずの時間が出来たらいいですね!

投稿: ばーにんぐK | 2014/07/30 01:21

ばーにんぐKさま、こんばんは。

色々ありましたが、家族もようやく落ち着いてきた感があります。
ハイっ、またそのうち大勢で顔をあわせる機会ができたらいいなと思っています。

下半期は、おだやかな毎日になればいいなぁー。

投稿: かんげ | 2014/07/30 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/60058032

この記事へのトラックバック一覧です: 90:

« ジャイアントの脅威 | トップページ | 1つ1つを大切に »