« 王道を | トップページ | リアルアメリカン »

2014/07/12

2万円超の扇風機はどういう人が購入するのだろうか

部屋が暑い。
冬あんなに寒かったのに、夏はこんなに暑い。
なぜなの!?我が家!

耐え切れなくなって、ついに扇風機を買いに出かけた。


しばらく電器屋をフラつくこともなかっただけに、どんなものだろうと思っていたのだけれども、扇風機ってのは全然カタチの変わらない、進化しない商品だねェ…。

なんて思いながらもよく見てみると、値段は結構ピンキリ。

解説POPには、

“DCモーター”
“リモコン”

“首ふり角度調節”
“入タイマー”

などの文字。
少しずつだが、今までになかった機能も出現してきているようだった。


はじめは千円くらいのでいいんじゃないかと思っていたのだけれども、なんとなく下調べしたところ、
「微風を出せる出せないで扇風機のよさは変わる」
と勉強。

間をとって、「上高地のそよ風」と書いてあった6千円弱の日本メーカー製のものを買った。

これで今夜からは、アルプスにいるような爽やかな日々になるはずだ。

|

« 王道を | トップページ | リアルアメリカン »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/59984688

この記事へのトラックバック一覧です: 2万円超の扇風機はどういう人が購入するのだろうか:

« 王道を | トップページ | リアルアメリカン »