« いろいろありましたね〜 | トップページ | 今年の夏はハシの夏! »

2014/06/13

マリアから修羅へ

雨上がりの先日、駅脇の路地を親子が歩いていた。

よちよち歩きの小さな男の子を、お父さんが手を繋ぎ、ゆっくりゆっくり歩いていた。


細い道は完全に塞がれ、後ろを歩いていた自分は普段だったら腹を立てるような状況だったが、その微笑ましい光景に心を改め、微少を浮かべゆったり眺めながら、隣のビルの敷地から遠回りで2人を抜かそうとした。


と、いうわけで、ビルのレンガに足を乗せた途端、

「トゥルン!」

と、滑って転び、ひとりニードロップ!
地面にヒザを強打し、もんどりうつハメになってしまった。


「怒りたい。誰かのせいにしたい。でも…。」

自ら気を利かせて歩み出した道での負傷は、ぶつけどころのない怒りを生み出すのであった…。

|

« いろいろありましたね〜 | トップページ | 今年の夏はハシの夏! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「マリアから修羅へ」という表題に表れたかんげさんの心象風景が切ないですね…。
優しい自分でいたいけど苛ついてしまう自分もいます。人間は儚くて弱いけど、より良い形を目指したいですね。
膝は大丈夫ですか。

投稿: ばーにんぐK | 2014/06/20 01:00

ばーにんぐKさま、こんばんはー。

1週間くらい武藤ばりのヒザ通でしたが、すっかり良くなりました…お気遣いアリガトーゴザイマス…自業自得ですが…。

タイミングって難しいですね…。

投稿: かんげ | 2014/06/20 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリアから修羅へ:

« いろいろありましたね〜 | トップページ | 今年の夏はハシの夏! »