« 大日にぎわいTHEATERはファンディスク | トップページ | 磯子には何もない »

2014/06/27

実家の母親最狂の女性軽視論者説

 東京都議会で晩婚化対策を質問した塩村文夏(あやか)都議(35)が「早く結婚した方がいい」とヤジを浴びた問題で、発言者の特定や処分を求めてネット署名を進めた市民らが26日、集会を開いた。複数のヤジが飛ばされたが、都議1人を発言者と特定して幕引きを図る都議会に批判が相次いだ。
 主催したのは、署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」で署名を呼びかけたメンバー。署名は9万人にのぼり、国内外で批判が高まるきっかけの一つとなった。
 東京都千代田区の参院議員会館に約100人が集まった。司会のジャーナリストの津田大介さんは「ツイッターという拡散力の高いメディアで瞬時に広がった。議会の常識が世間の非常識ということを、都議たちは思っていなかったはずだ」と話した。
 川崎市で保育所を経営する内田潤さん(55)は「うやむやでいいのか」と訴えた。参加者からは都議のリコールや、女性議員を増やす運動を起こすなどの意見が出た。
 (14.6.27『朝日新聞デジタル』

「誰かが誰かを傷つけた」

という“人対人”の話だけで進んでいればよかったのに、ここにジェンダーやら任命責任やら与党追及やら、関係ない人のたくさんの思惑が入り込んでしまったから、途端にやっかいなものになってしまった。


「女性軽視」って何だろうか?

ただ壇上の人をいじめたくて悪口言ったんでしょう。
それを世の男女の問題にするのは話が飛躍し過ぎている。

「結婚しろ」うんぬんの話でいえば、実家の母親の方がよっぽど人格否定まがいのヒドいこと言うわ!


「雄太君が瑞穂ちゃんを泣かせた」
ってだけだったのに、そこに親たちが首を突っ込んで、
「学校の教育方針はどうなってるんだ!委員会に駆け込むぞ!責任とれ!」
と叫んでいるようなもの。

どんどん話があらぬ方向に大きくなってしまい収集がつかなくなってしまっている。


話自体は個人間で解決できるようなものなのに…もっとシンプルに考えられないかなァ。

|

« 大日にぎわいTHEATERはファンディスク | トップページ | 磯子には何もない »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
 
私もそう思います。
 
誰かがいってたんですが・・・
塩村議員・・・言われた直後、ふふ、ってかわいく笑ったじゃないですか。そこを、田島陽子だったらその場で、「何言ってんだい!!」ってピシャリと言ったはずだって。
 
塩村さんもそこ、女だしてたというか、、ちょっとまだ甘かったんじゃないかな・・・って。
そりゃー、今の時代に原始的な野次言ってたおっさんも悪いけど、もうちょっと逞しくかっこよくその場で解決してほしかったな。って。。。
 
 
だから、こんなことで長々と論争しちゃうんですよね。
 
そして、もう次のアホみたいな議員登場(兵庫県の)で、なんだか・・・・
 
 
こんな方たちが日本代表なんでもん。。
 
 
大丈夫だろうか・・ニッポン

投稿: まんちゃん | 2014/07/08 12:51

すいませーーん。。。。
ちょっと的外れなコメントでした。
ごめんなさい(ってか、よくある^^;)

投稿: まんちゃん | 2014/07/08 17:14

まんちゃんさま、こんびゃんば!

話が大きくなり過ぎましたよね…。
もちろんヤジした人が悪いですが、現場レベルで解決するべきことですよね。
彼女も色々過去があったんだから、それを利用して上り詰めたんだから、男だから女だからじゃなく「自分の人生」に自信持って何でもやってもらいたいものです。

それにしても今年の日本代表はそれはそれはもう、そうそうたるメンバーですよね!
下半期はじまった途端、また新星の如き号泣議員があらわれて…!

投稿: かんげ | 2014/07/09 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/59927080

この記事へのトラックバック一覧です: 実家の母親最狂の女性軽視論者説 :

« 大日にぎわいTHEATERはファンディスク | トップページ | 磯子には何もない »