« 今年の夏はハシの夏! | トップページ | 全員しょっぴいちまえ! »

2014/06/19

同族嫌悪

歳をとると、なぜ排出するものが多くなるのだろう。

臭いとか、音とか、物質だとか。


「ブー!」(おなら)
「フワッフワッ、フワッフワッ…」(加齢臭)


「ゴニョゴニョゴニョゴニョ…」(独り言)

「カクカクカクカク…」(貧乏ゆすり)
「タカタカッ、タカタカッ。」(テーブルにリズム刻む指)
「カチカチカチカチ…」(ボールペンノック)

「スピー、スピー。」(鼻音)
「チー。チッチッチッ、チー。」(歯音)

「はぁ〜…。」(ため息)


「ウォツへンフ!ゲフン、ゲフン、ウォッへンフ!」(タン)
「ダラダラ…。」(脂汗)


まるで僕はここにいる的な強烈主張!

あぁーもう気持ち悪い!
オッサン本当に気持ち悪い!


通勤電車なんかに乗るとたいていは周りがオッサンだから、強くそう感じる。

また、ザ・日本の中小企業として若い人から続々と辞めてゆく私の勤める職場でも、案の定。
あちこちから臭いや音、“出るもの”の自己主張が激しくて、まるで戦場のようになっているのだ。


…と、ここまで書いておいて、わかってますよ。えぇわかってますよ。

「おまえもオッサンだろ!?」
って突っ込みですよね?

ごもっとも!


しかし有吉弘行氏がテレビ番組で言っていたそうだが、私も同じようにそう思うのだ。

「オレもオッサンだけど、オッサン大ッキライだよ!」

|

« 今年の夏はハシの夏! | トップページ | 全員しょっぴいちまえ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同族嫌悪:

« 今年の夏はハシの夏! | トップページ | 全員しょっぴいちまえ! »