« いきつけの閉店 | トップページ | 宇都宮専門店紀行 »

2014/05/01

1人のカリスマ

 ノアのKENTA(33)が30日、東京・有明で会見し、退団を発表した。4月半ばに申し出て了承され、30日をもって専属契約解除となった。
 14年間、所属として奮闘してきたKENTAは団体やファンに感謝しつつ「33歳となることで、環境を変えて新しいことに挑戦するには今しかない」とコメント。今後について具体的には明かさなかったが、かねて希望しているWWE入りが浮上する。ノアでは5・3ディファ有明、5・17後楽園ホールの2試合にフリーとして参戦する。
 KENTAは1999年に全日本に入門し、同年5月にデビュー。2000年のノア旗揚げに参加した。小柄な体ながら、キックを武器に闘志あふれるファイトで頭角を現す。05年7月に金丸義信を破り、GHCジュニア王座を奪取。その後もライバルの丸藤正道らと好勝負を繰り広げた。
 13年1月には森嶋猛を下し、GHCヘビー級王座を獲得。年間9度防衛の同王座最多記録を更新した。14年1月、森嶋に敗れて王座から転落したが、人気No.1の大黒柱として団体を支えてきた。
 (14.4.30『デイリースポーツ』

正直、悲観的にしか見れない。

KENTAじゃなくて、NOAHの今後に対して。


バーニング勢が退団して危機的状況に陥った団体を、たった1人で盛り上げてきたのがKENTA。
会場に行けば、メインでもセミ前でも休憩前でも、チャンピオンの時も無冠でも、誰より声援視線を受け、期待を受けていたのがKENTA。


彼自身は大丈夫。
海の向こうでもやっていける。

今まで1人で体を張って団体のためにがんばってきたからこそ、これからは自分のために夢を追いかけて欲しい。


でもNOAHはダメな気がする。

今までKENTA1人におんぶにだっこだったから…。


まさに考えがまとまらず複雑な気持ちだ。


しかしこの状況を、団体がわかっていないはずもない。

あえてそれで彼をリリースしたということは、自分達に期するものがあるということなのだろう。

危機はあの時よりも強いと思う…だからこそ、期待したい。

|

« いきつけの閉店 | トップページ | 宇都宮専門店紀行 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

小橋が引退し、秋山たちが抜け、KENTAが旅立つ…
彼らの試合に熱くさせられたからノアを見てたところがあります。

正直、自分もこのままノアを見続ける事が出来るのか不安を感じます。

だからこそ、方舟の期する思いが見たいです。きっと誰かが出てくる。
…自分がブログで書いたことの繰り返しになりますが、早く出て来い!という思いです。

投稿: ばーにんぐK | 2014/05/04 02:11

ばーにんぐKさま、こーんばんは。

Kさまの叫びはホント、全てのノアファンの代弁ですよ…。

ずっとのんびり(?)待っていたけれど、いよいよこの時期に来て危機感というモノがわいてきました…
「早く出て来い!」

投稿: かんげ | 2014/05/07 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/59570708

この記事へのトラックバック一覧です: 1人のカリスマ:

« いきつけの閉店 | トップページ | 宇都宮専門店紀行 »