« 人間は、自然と肌色に目が行くようになっている | トップページ | 650円→750円 »

2014/04/11

ミス不幸の成長劇

東京カンカンブラザーズ第7回公演、
『春がハーモニカを吹く理由』観劇。

身近に潜む、“誰でも陥る可能性のある恐怖”がテーマ。

カンカンブラザーズ作品史上最も現実的で、奇しくも袴田事件などのニュースが世間を騒がせた今、とてもタイムリーで社会的なものになった。


序盤の笑いや未来への希望に包まれた空間から一転、中盤からのシリアスな展開は衝撃的。

登場人物の悪意や苦悩が複雑に絡み、何より家族の壊れる様がリアルで…心に刺さる舞台になった。

東京カンカンブラザーズ『春がハーモニカを吹く理由』


さて。
この作品には女優でタレント、村田綾さまが出演していた。

数年前までは一座の中でも最年少で、決まって清純派の役どころをこなしていた彼女であったが、いつからか「不倫に悩む女性」や「DVに耐える女性」などの役を演じる、

“不幸が似合うオンナ”

になっていた。

しかしそれが本当に似合うの!
強そうなんだけれども実は儚く、笑顔の裏でたくさんの苦悩を抱える女性像が!


さらに今回は、アイドルなのに恋愛禁止の掟を破り、ホストを自宅に連れ込んで情事におよぶ…
という見事なビッチを好演。

本人はこの役どころに対して悩み、やつれてしまったそうだが…
しかしまさに生みの苦しみで、いい成長劇を見せてもらった。

こういう役もこなせるようになるとは、いやぁ、大人になったなぁ!

女優・村田綾、一皮剥けた!!

|

« 人間は、自然と肌色に目が行くようになっている | トップページ | 650円→750円 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/59507672

この記事へのトラックバック一覧です: ミス不幸の成長劇:

« 人間は、自然と肌色に目が行くようになっている | トップページ | 650円→750円 »