« 圧倒的実力差 | トップページ | 人間は、自然と肌色に目が行くようになっている »

2014/04/06

フェスin和泉多摩川

我が家の真隣にはバルがあって、おとなりさんとしてたまに寄り、おいしいイタリアンを食べさせてもらい楽しませてもらっている。

酔っぱらっても6秒で家に着ける幸せ!


今日はそんなお店の主催するお花見会。

引越して初めて迎える春だもの、ご近所のサクラも眺めなければと、お昼前から会場の多摩川河川敷に出かけた。

ようこそ狛江市へ!


サクラもおそらく今日まで。

桜吹雪の下をたくさんの人が名残惜しそうに歩いていた。

遠くに黒雲が…


我々も大きなブルーシートを広げ、おいしい料理や生ビール(サーバー持参!)、ワインに舌鼓をうちながら、お客さん同士でワイワイキャッキャ。


しかしやがて、遠くの方にあった黒い雲が近づいて来たと思ったら…

「ザーーー!」

と突然の雨!

クモの子を散らすように逃げまどう花見客!


でももう、ある程度濡れてしまったら怖いものはない。

みんなで開き直ったように、雨をものともせず、座り直してビールをゴキュゴキュ。

「雨降らなかったらもっと飲めたよね〜。絶対酔いつぶれてたよね〜。」
なんて言い合いながら、いいカンジにまででき上がるのであった。


結果的に、雨のおかげで印象深いイベントになった。
わたわたしながら結束力も固まったしね。

「雨」だとか「寒い」とか「風強い」とか、この天候に左右される現象は…まさにお花見の醍醐味!

何よりお店の店長が、
「フェスみたいだね!」
と一番はしゃいでいて、それはそれで楽しかった、今年最後のお花見であった。

|

« 圧倒的実力差 | トップページ | 人間は、自然と肌色に目が行くようになっている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェスin和泉多摩川:

« 圧倒的実力差 | トップページ | 人間は、自然と肌色に目が行くようになっている »