« お見舞いは楽だが。 | トップページ | 注射こわい »

2014/02/03

やっぱりKENTA

プロレスリングNOAH後楽園ホール大会へ。

KENTA×マイバッハの遺恨完全決着戦。

お互い慣れない試合形式だったためか、正直試合はほめられたものではなかった。


イスとかテーブルとか場外乱闘とか…マイバッハはそういうのたどたどしかったらダメだ!

イヤ、それでもいいんだ、ムチャクチャだったら。

かつての師であるKENTAは、団体内イチ彼を真正面から受け止めてくれる相手。
それであの内容じゃ困る。

もっとだ!

もっとさすまたを


しかしそれでもKENTAが終盤ラッシュをかけた時の大歓声と、彼が勝った時の大コール、そして会場一体となる幸せ感はスゴかった。
やはりKENTAはカリスマで、これからも彼が方舟を引っ張っていくのだと実感させられた。

大ケンタコール、スゴかった

「いろいろ騒がせちゃったけど…俺は今、緑のリングにいる、それが真実」


そのためにも、彼に対する勢力が成熟しなければと思う。

先日誕生した“超危暴軍”、会場からかなりのブーイングを受けていた。

でももっと…もっと恨まれて欲しい!
モリシは特に、悪くて、強過ぎて、手のつけられない怪物のような存在になってもらいたい。

こっこれがちょうきぼうぐん…


あんまり生ぬるいと…スギと田中のパッキパキボディ組に喰われるぞ!

ノアにはリング内だけで“危険さ”を出せる土壌があるのだから。

今日のスギもピリピリムード

|

« お見舞いは楽だが。 | トップページ | 注射こわい »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/59071242

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりKENTA:

« お見舞いは楽だが。 | トップページ | 注射こわい »