« へんし〜ん! | トップページ | なんて説得力 »

2014/01/12

雪が降りそな夜だから

母が入院して、実家にいるのは父と、足を引きずった祖母の2人になってしまった。

ご近所地域の仕事の引き継ぎとか、介護の問題とか、改めて母の存在の大きさを家族揃って感じている。


そんな諸問題の中の1つが、“誰も料理をする人がいない問題”。

今のところ健康な父はどうとでもなるし、おばあさんは平日宅配のお弁当を食べてもらうことになり、とりあえず直面している困りごとは、冷蔵庫にたんまりと入っていた食材。

このまま腐らせてしまうのはあまりにもったいないので、今日全部抱えて、自分の家に持って帰ってきたのであった。


父の自慢の家庭菜園もそう。

育てたけれども食べないという矛盾に直面したダイコンやネギたちもかわいそうだったので…片っ端から引っこ抜いてきた。

小松菜はもうダメになとった…


活気のなくなった実家を案じながら、しばらくはみぞれ鍋。

|

« へんし〜ん! | トップページ | なんて説得力 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/58979709

この記事へのトラックバック一覧です: 雪が降りそな夜だから:

« へんし〜ん! | トップページ | なんて説得力 »