« いあやァ…寒いですな。 | トップページ | 2014年のドラマは »

2014/01/16

彼女に、孫は、いません。

1日に倒れた母が、今日ICUから一般病棟に移った。

後遺症や障害の程度がわかるのはまだこれからだけれども、今回の病気で最悪の事態に陥る確立は低くなったよう。

1週間前までは「覚悟しておけ」とだけお医者さんに言われていたけれども、前向きな話も聞けるようになって、少し安心している。


まだナースステーションの真横にある特等席で寝ているため、これからベッド1つずつ、病室1つずつ移動しながら、辛いリハビリに耐え、明るい未来が見られるようになればいいと思う。


本ブログやメイル、Twitterなどで、たくさんの方にご心配とお声かけいただき、正直、私が、救われました。

本当にありがとうございました。


それにしても病室を移動してからの、体はわかっていたけれども、“脳のリハビリ”という言葉を初めて知った。

「たくさん話しかけて、たくさん見させて、たくさん感情を動かして、脳に刺激を与えるように。」

そりゃそうだよね。
何よりここが元気にならないと。


「あのくらいの年齢の人にはねぇ…孫が生きがいになってくれるんですよ。…エッ孫いないの!?」

と先生に驚かれて、兄妹でとりあえず平謝りした。

|

« いあやァ…寒いですな。 | トップページ | 2014年のドラマは »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

良い方向にいかれたようで、良かったです!

医学の新歩は素晴らしい。

リハビリは想像を絶する痛さみたいで、当人が受けるストレスは半端ないみたいです。
(そのストレスから胃潰瘍→胃ガンみたいな)

難しいとこですが、温かく応援していけば、きっと良くなるはずです!

早く孫見せましょう〜(笑)

投稿: ふじ | 2014/01/20 19:29

ふじさま、こーんばんは。

とりあえずホッとしております。

しかしまだまだこれからですもんね。
本人がどれくらいがんばって、周りがどれだけそれをバックアップできるか…孫の件はムリですが!少しずつでも前に進めればイイナと思います。

投稿: かんげ | 2014/01/22 18:35

あーー、よかったですね!!!
ご近所の私^^:としては、ほんと、知り合いのお母さんが倒れられたも同じような気分でした。。。
少しずつあせらずに愛情をもって接してあげればきっと早くよくなられますよ。

そんなこと言わずに、早めに孫ちゃんをーーーsmile

投稿: まんちゃん | 2014/01/24 16:56

まんちゃんさま、きょんばんは!

正月早々色々ご心配おかけしまして…ありがとうございますっ。
先は長そうですが、いい方向に向かえばなと思います。

孫…!その言葉!そっくりそのまま!お返し!します!(どーだ!)

投稿: かんげ | 2014/01/24 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/58979814

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女に、孫は、いません。:

« いあやァ…寒いですな。 | トップページ | 2014年のドラマは »