« ノンファスト | トップページ | 一見だけでやっていこうっていうのかい »

2013/11/04

気づき

大日本プロレス年末のビッグマッチ、横浜文化体育館大会へ。

セミでW-1近藤との団体対抗戦となったストロングヘビー級選手権は、関本が盤石の防衛。

試合中試合後と、セコンドのや、金本らがチャンピオンに突っかかって行ったが…
ハッキリ言って“顔じゃない”。

W-1はどれだけBJWのことをナメているのか。
乗り込んで来るのなら、もっと上の選手がいるだろうに。

次は石川


メインのデスマッチヘビー級選手権は、石川修司×木高イサミ

なんて高さだ!


金網、そして石川の身長の倍以上もあろう蛍光灯マリンタワーが勝負のポイントかと思われたが、イサミが試合開始すぐにマリンタワーを破壊…。

金網最上段からの攻撃もあっさり決まり、全体的にイサミが試合を急いでいる・焦っている印象を受けた。

走る飛ぶ!


結果としてそれに石川が引っかき回され、新チャンピオンが誕生したのだろうけれども、前回のユニオンの興行でじっくりとしたレスリングを見ていただけに、もう少し組み立てのある攻防も見てみたかったというのが正直なところだ。

しかし、もし、これがベルトの魔力というならば…それに抗う木高イサミの姿が、見てみたい。

と、いうわけで、新チャンピオン誕生!


そして試合後。

客席からのたくさんの祝福と、ヤンキー二丁拳銃によるリング上。

イサミファン多いな!


そんなハッピーエンドの空気に割って入ったのが、塚本拓海

“ユニオン対決だけどあくまで個人と個人の戦い”
と称された戦いの後に、

「なんかつまんねぇんだよ!」
大日本プロレス所属選手としての意地と主張を見せた瞬間、自分でも忘れかけていたその現実にハッと気づかされた。


レスラーは個であるし、現状のデスマッチ戦線は様々なところからファイターの集まる場所であるけれども、やっぱり自分は、大日本プロレスが好きだ!

だからやっぱり、今日のメインは悔しかったし、さらには客席の一部からツカに対して起こったブーイングと、
「まだ早い!」
の声は、もっともっと悔しかった。


悔しさからかバックステージで涙を流しながら叫ぶツカの姿には、さらに心を動かされずにはいられなかった。

彼が今やらなくて、誰がやる!

まんをじして誕生した大日生え抜きのデスマッチファイターは、やはりその環境からハードルを上げて見られる。

だからっていい子で、おとなしくなんてしてられない!
その苦悩ともがきが、レスラーを成長をさせるのだから。

|

« ノンファスト | トップページ | 一見だけでやっていこうっていうのかい »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2日前のノア大阪大会で腕を痛めつけられた関本でしたので、この横浜大会が心配だったのですが…見事な防衛だったようですね!ノアでの活躍も見せて、コールも浴びて、改めて快進撃を見せて欲しいと思いました!

今夏の大阪・鶴見緑地大会観戦でパンフレットを買った時に「今日は暑いですので気をつけて」と話しかけてくれたのが塚本選手でした。よく決起した!と思いました。石川を破ったイサミの存在感を越えられるか…楽しみに見たいです。

投稿: ばーにんぐK | 2013/11/22 00:28

ばーにんぐKさま、きょんばんは!

関本、ノアにある程度の爪痕を残せたと思います。
開幕戦のメインを任せられるくらいですから!
まだまだ近藤になんて負けてられないっ。
仕切り直して、改めて、なみいる強豪をブン投げまくってもらいたいです。


ツカはイケメンだし、優しいし、ホントにいい子。
ただその人の良さがアダとなる部分もあり心配していましたが…
最近段々とよくなってきました。

わき上がってきたその思い、もっともっと爆発させて、気持ちで本能で、若きエネルギーで食らいついていってほしいです!

投稿: かんげ | 2013/11/25 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/58606334

この記事へのトラックバック一覧です: 気づき:

« ノンファスト | トップページ | 一見だけでやっていこうっていうのかい »