« ユニオンの意地を見た | トップページ | なんでオランウータン… »

2013/10/27

最前線がご近所

今日はご近所さんでもある“電力中央研究所狛江地区”の解放デー。

毎日前を通る度、
「ここでは何が行われているのだろう…」
と思っていたので、張り切って出かけた。

いいお天気!


広くて緑も多い研究所内、地元の家族連れが多く来ていた。

そんな中、所員の方は慣れない中説明をしてくれたり、子供のために風船を配っていてたりと一生懸命で、好印象だった。

テニスコートとグラウンドが羨ましい


目にする研究は、「厨房換気の研究」から「セシウム除去の研究」まで幅広かった。

なんでも狛江地区は原子力技術研究の最前線なのだそう。

そうなるとやはり連想してしまうのは先の大震災。
セシウム研究の部署も、3.11以後急いで設立されたところだそうだ。

問題の解決は急務。
がんばってもらいたい。

私は文系です

|

« ユニオンの意地を見た | トップページ | なんでオランウータン… »

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/58520540

この記事へのトラックバック一覧です: 最前線がご近所:

« ユニオンの意地を見た | トップページ | なんでオランウータン… »