« 情報に端的にたどりつきたい朝 | トップページ | 箱舟の指針 »

2013/07/05

全ては波のように流転する

普段朝ご飯をとらないせいか、たまにしっかり食べたりすると、決まってお腹の調子を悪くする。

お腹がビックリしてしまうのだろうか。


今朝は久しぶりにご飯にみそ汁に焼き魚、野菜の煮物と、典型的なジャパニーズモーニングを食べたので…

ゴロゴロゴロゴロ…

案の定、通勤電車の中でモーレツな腹痛にさいなまれて、駅のトイレに泣きながら駆け込むのであった。


それにしても腹痛というのはなぜ、おし寄せてきたと思ったら引き、またおし寄せてきたと思ったら引き、波のように襲ってくるのだろう。

さっきまで冷や汗をダラダラ流して耐えていたというのに、突然スーッと調子がよくなり、
「アレ?大丈夫だな!」
と油断していると、また再び苦しみの時間に…たまったものじゃあない。


イヤ、それは痛みだけじゃない。

眠さとか、空腹感とかもそう。

「イタタタ…!」も「Zzzz…」も「お腹減った!」も、それがずーっと同じ大きさのままきてしまったら、その感覚だけに支配され、他に何もできなくなってしまうからだろうか。


いいことだって波のようにくる。

誰かが誰かを好きでいることだってそう。
突然燃え上がった恋も、やがてはそのカタチが変わり落ち着くだろうし、時には安芸の宮島の潮が引くほどのスピードでさめることだってある。

その人だけしか愛でられなかったら、逆にその相手からも愛でられなかった時に死んでしまうからだろうか。

それともいい歳してもずっと「ラブラブです!」なんて言ってたら、周りが不快でしょうがないからだろうか??


みんな全部、だからそういうようにできているのだろうか。

|

« 情報に端的にたどりつきたい朝 | トップページ | 箱舟の指針 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全ては波のように流転する:

« 情報に端的にたどりつきたい朝 | トップページ | 箱舟の指針 »