« 谷間 | トップページ | ロックガーデン! »

2013/05/02

元大仁田信者で現在大日デスマッチファンの私はどうしたらいいのか!

フリーダムズ後楽園大会。

葛西純×大仁田厚

お互い決して相容れない世界を持つ、新旧デスマッチのカリスマが、禁断の初遭遇。


どちらが主張するのか。
どちらが消されるのか。

まさにイデオロギー対決だ。

フッキーTシャツ新発売


試合は結果内容共に、場外戦・ラフファイトばかりで大仁田軍のものだった。

矢口もいるよ!

大仁田劇場がはじまるかと思ったが…


しかし試合後にアンチェインは蛍光灯を持ち出し急襲!
逃げる大仁田

占拠されていたリング上を取り返し、蛍光灯の破片の上でバンプ!
改めて大見得をきってみせた。


今宵はお互い、まだまだ手探り状態。
危険な抗争の幕が、ようやく切って落とされた。


そして、戦いがあったのはリング上だけじゃない。
客席から激しいブーイングで大仁田劇場をさせなかった、葛西フリークスも戦っていた。

トゥービーコンデニュード!


メインでは新設されたシングルベルトの王者決定戦。

高岩のタイツはあったかそう


超竜・高岩竜一と、そして団体の長としての大きなプレッシャーと戦いながら、それらに打ち勝ち、初代王者に輝いたたかしにベルトを渡しに来たのは…病気療養中であったGENTARO


号泣しながらも、自らの足で、しかとリングに歩を進める姿は感動的だった。

彼もまた、戦っていた1人だったのだ。

おかえり!

|

« 谷間 | トップページ | ロックガーデン! »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/57332194

この記事へのトラックバック一覧です: 元大仁田信者で現在大日デスマッチファンの私はどうしたらいいのか! :

« 谷間 | トップページ | ロックガーデン! »