« 惨敗!完敗! | トップページ | 甲州街道 »

2013/05/05

こどもの日はデスマッチ!

大日本プロレスこどもの日恒例の、横浜文化体育館大会へ。

第4試合終了後、塚本拓海が、
「045邪猿気違s'の下でやっていく。」
と宣言。

竹田を含めた4人でユニットを組むことになった。


体があり、甘いマスクがあり、飛び技があり、爽やかさがあるツカは、間違いなく伊東竜二の流れをくむデスマッチファイターだと思っていた(その対極が邪猿気違s'であり竹田)のだが…

これを本人が、単に経験を積むためだけと思っていたら大きな間違い。
彼らと行動を共にするからには、葛西のような沼澤のようなデスマッチファイターになるべく、大きな方向転換と決断が必要だ。

ツカの覚悟で、違和感を吹き飛ばせ!


BJWタッグチャンプ、ヤンキー二丁拳銃は、危なげなく平成極道コンビを料理。

食らったのはイサミだったのに


「謎の粉が決まれば…!」
「鉄檻からのセントーンが決まれば…!」

と、チャレンジャー側にそこはかとなく期待をしていたのだが、全くそんなそぶりもなく。
残念だった。

めざせ100回防衛!


関本大介は、大森さんのパワーに苦戦しながらも、ジャーマン一発!薄氷の勝利をおさめた。

今月はストロングBJのトーナメントが開催される。

それをチャンピオンがどう見るのか、楽しみだ。

これが決まれば!


一騎当千王者とデスマッチヘビー級チャンプの戦いは、555個を目指してファンから募集していた剣山が611個を達成。
壮絶な試合となった。

エースが死地に向かう


伊東の、イス攻撃、ドラゴンキッカー、ドラゴンスプラッシュ、さらには強烈なパンチ!

ここぞで出る伊東のナックル!


しかし巨人はそれをはね返し…
剣山の刺さる頭でヘッドバット!

そしてスプラッシュマウンテン2発で快勝!

最後はクロスアーム式


あの強いデスマッチドラゴンでさえかなわないとは…
強過ぎる!


試合後「年末の文体にもチャンピオンとして帰ってくる!」と力強くマイクをした石川は、バックステージで竹田誠志を逆指名した模様。

ベルト新調!


その肉体という凶器を持つ石川に対して、ただただ真正面からぶつかるのは愚策なのかもしれない。

必要なのはインサイドワークか、それともデスマッチという試合ならではの“狂気”か…。

リミッターを外したクレイジーキッドになら、後者で大いなる味方がつく可能性がある。

|

« 惨敗!完敗! | トップページ | 甲州街道 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/57338327

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの日はデスマッチ!:

« 惨敗!完敗! | トップページ | 甲州街道 »