« 一騎当千 | トップページ | スポーツは美しくありたい »

2013/03/06

強い者が勝つ、そんな単純な格闘ロマン!

大日本プロレス新木場大会。

最近、木高イサミがおもしろい。

酔うとはじまる『イサトーーク』


まさに“肉を切らせて骨を断つ”戦い。
何度も何度も、お客さんの喜ぶ限り、自ら痛いメに遭いにいく…!


いいレスラーはリング上で観客の求めていることを察知できるという。

これをまさに彼が体現しているように思うのだ。


メインは“ストリートファイト蛍光灯デスマッチ”、
竹田誠志×アブドーラ小林

「ストリートファイト」だから私服なんです


完全に地方の建設会社の社長がチンピラに絡まれている光景。


戦歴的には分の悪い竹田だったが…

とんでもねェオヤジ狩りだ!

なぜかお互いパンツ一丁に


前チャンピオンを完膚なきまでにボッコボコ!

ロッキンポ!

クレイジーキッド、いいカンジに狂ってきた…!


改めて小林を「ぬる過ぎる」とコキ下ろし、全勝優勝と天下取りを宣言するのであった。


月末の後楽園ホール、リーグ戦最終戦で、その2人が激突する。

今から楽しみでしょうがない。


対するAブロックで、同じく全勝優勝を宣言している伊東竜二も、好調をキープ。

勘九郎の背、ブロックで縮む


チャンピオンが石川に移動し、大日本のデスマッチ戦線は“強さ”がテーマになったようだ。

|

« 一騎当千 | トップページ | スポーツは美しくありたい »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/56935368

この記事へのトラックバック一覧です: 強い者が勝つ、そんな単純な格闘ロマン!:

« 一騎当千 | トップページ | スポーツは美しくありたい »