« スポーツは美しくありたい | トップページ | あるあるもっと聞きたい! »

2013/03/08

ハラハラする試合もいいけれども!

 野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は8日、東京ドームで2次ラウンド1組の2試合が行われ、日本(A組2位)は台湾(B組1位)に延長10回、4―3で逆転勝ちした。3連覇を狙う日本は10日にオランダ(B組2位)と対戦し、勝てば米サンフランシスコでの準決勝進出が決まる。
 日本は八回に2点差を追い付き、1点を勝ち越された直後の九回も井端(中日)が同点打を放って延長へ持ち込んだ。延長十回に中田(日本ハム)の犠飛で決勝点を挙げた。
 オランダはキューバ(A組1位)を6―2で破った。キューバは9日に台湾と対戦する。
 (13.3.8『時事通信』

HP10・MP10で倒したラスボスまさかの第三形態変化。

飲み屋のカウンターで気づいた時には終電1分前。


「野球は9回2アウトから」

なんてよく言うけれど、実際そんな状況に陥ったら、普通の人はもう諦めることだろう。


そんな中で、最後の最後まで勝負を諦めなかった、そして結果を出したWBC日本代表には、本当にシビレた。


井端鳥谷の信頼感といったらものスゴい!


逆に阿部坂本の不安定感といったら…。

今のところアンチ巨人が増長してしまいそうな大会の様相を呈してきているのだけれども…


そんな意識も吹き飛ばすような“圧勝”を、次の試合では見せてもらいたいものだ。

|

« スポーツは美しくありたい | トップページ | あるあるもっと聞きたい! »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/56935372

この記事へのトラックバック一覧です: ハラハラする試合もいいけれども!:

« スポーツは美しくありたい | トップページ | あるあるもっと聞きたい! »