« 攻撃は柄の方で | トップページ | ヒカリエの向こうで »

2013/03/24

年2回のお楽しみ

関内ホール“桂歌丸独演会”へ。

夏に引き続き、『新景累ヶ淵』。


全回同様、満員のお客さんを名調子で手玉にとる。

桂歌丸独演会『新景累ヶ淵』


毎度思うのは、
『笑点』って番組は、国民の共通言語なのだなぁ。」
ということ。

ささいな笑点ネタでもドッカンドッカン!


今年放送48周年を迎える同番組。
第1回から出ているのは歌丸さんだけだという。

本人曰く、
「とりあえず2年続けてギネスブックに載る!」
とのこと。

|

« 攻撃は柄の方で | トップページ | ヒカリエの向こうで »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

毎週日曜日、楽しみにしている笑点。

あの掛け合いやツッコミやイジメやイジケや・・モロモロ・・・は独特のものがありますね。

野毛山にあるえーーーーっと・・・高座?ありますよね。。。
あそこも行って見たいです。
やっぱりTVもいいけど足を運ばないと!ですね。

投稿: まんちゃん | 2013/03/26 13:54

まんちゃんさま、こんばんはー。

おっおー。やっぱり国民的番組!
老若男女楽しめるってことですよね。

野毛の歌丸さんが二代目施設長を務めている「にぎわい座」ですよね〜?

落語初心者の私でも全然楽しめましたよ、生はいいものです。ぜひっ。

投稿: かんげ | 2013/03/26 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/57032043

この記事へのトラックバック一覧です: 年2回のお楽しみ:

« 攻撃は柄の方で | トップページ | ヒカリエの向こうで »