« 天才逝く | トップページ | マイバッハ完全覚醒へ »

2013/02/23

決意

急いで仕事を片付けて、りんかい線に飛び乗り、ディファ有明に着いたのは13:30。

16:00の整理券配布を2時間半も先に控えていたのに、私の前にはもうすでに59人の列ができていた。

時間が経つにつれその列はドンドン伸び、会場敷地から一般道へとはみ出すほど。

まさかのずっと日陰だった


これなら満足に買える


小橋建太引退興行「FINAL BURNING」チケット先行販売。

陽の全く当たらず寒風吹き荒ぶ中、たくさんの人が、じっとその時を待っていた。


これだけの大行列に並んだのは、いつかの雨の武道館以来。

あの日も、今日も、小橋のために、たくさんの人が動いている。


芯まで冷えた体も、疲れも、4時間後、ついにチケットを手に入れた喜びと、出口で待っていた小橋建太、その人の存在で吹き飛んだ。


1人1人とがっちりと握手をして、しっかりと目を見据えて、
「応援してくれよな!」

その顔には、以前まであったプロレスを続けたい・続けなくてはならないという悲愴感から開放されつつ、自身のプロレス人生を全力で全うしようとしている新たな決意…
おだやかなようでひきしまっている、そんな独特の、素晴らしく静閑な表情があった。


いよいよ動き出し、認めたくなかったけれど現実として実感してしまう小橋引退の日。

しかし彼の決意を見た以上、ファンもそれを全力で送り出さねばと、決意させられるのであった。

アリーナ!

|

« 天才逝く | トップページ | マイバッハ完全覚醒へ »

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/56839300

この記事へのトラックバック一覧です: 決意:

« 天才逝く | トップページ | マイバッハ完全覚醒へ »