« ダッフィー=剛力彩芽 | トップページ | 決意 »

2013/02/21

天才逝く

 飯野賢治さん(いいの・けんじ=ゲームクリエーター)が20日、高血圧性心不全で死去、42歳。通夜は24日午後6時、葬儀は25日午前9時から東京都杉並区堀ノ内3の48の8の妙法寺で。喪主は妻由香さん。
 1995年に代表作のゲームソフト「Dの食卓」を発表。00~04年、朝日新聞家庭面で、10代のための人生相談「ティーンズメール」の回答者を務めた。
 (13.2.21『朝日新聞デジタル』

彼の作品『エネミー・ゼロ』は、私が生涯で最も怖かったゲームだ。

たった1人、目には見えないエイリアンのいる宇宙船に放り出され、音のレーダーだけを頼りに進まなければいけない…


無音の宇宙船に突如鳴り響く生体感知レーダーの音、手には1発しか撃てないエネルギー銃。

「怖くて動けない!」とか、

「怖くてパニックになる」

そんな感覚をゲームで味わったのは、後にも先にもこれだけだ。


要所だけに使用されるBGMのタイミングなど、演出もとても映画的で美しく、ため息をついたことも覚えている。


当時あれだけ盛り上がっていたゲーム業界内でも異彩を放っていた彼は、やはり天才だったと思う。

そのガンコでありながら潔い生き方もカッコよかったし、何よりセガ派だった私は“戦友”のような感覚でいただけに、早過ぎる死は残念でならない。

|

« ダッフィー=剛力彩芽 | トップページ | 決意 »

「ゲーム」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/56812531

この記事へのトラックバック一覧です: 天才逝く:

« ダッフィー=剛力彩芽 | トップページ | 決意 »