« お互い冷水でカゼっぴき | トップページ | お店でのカレ »

2013/02/13

フェアじゃダメなの!?

 2020年夏季五輪でレスリングが排除される可能性が大きくなった。国際オリンピック委員会(IOC)が12日にスイスで開いた理事会でレスリングを、五輪での実施が確定する「中核競技」25競技から除外することを決めた。
 理事会では、無記名の投票を繰り返し中核競技から外れる1競技を決め、レスリングは近代五種との決選投票で敗れた。
 なぜ近代五種ではなかったのか、明確な回答はない。しかし、この競技は「近代五輪の父」クーベルタン男爵(フランス)の肝いりで1912年のストックホルム五輪から導入。歴史を重んじる欧州の理事は排除に消極的だったと言われる。
 次に整理対象となっていたのがテコンドー。しかしホッケー、カヌーといった他の候補も含めて中核競技にとどまった。テコンドーについては、韓国の朴槿恵次期大統領が訪韓したIOCのロゲ会長に存続を直訴したという報道がある。そうしたロビー活動が奏功した可能性もある。
 (13.2.13『スポニチアネックス』

オリンピック種目が、放送の視聴率やスポンサーの状況で選ばれることは、知らなかったけれど知っていた。

すっかり商業主義化された近代オリンピックにおいては、知らなくても予想できることだ。


しかし、ここまで現実として目の前に突きつけられると、さすがにショックだ。

日本でアレだけ盛り上がった、伝統ある競技が、こうもあっさりとそれだけの理由で切られてしまうとは…。


なぜか当たり前のように語られている、
「ロビー活動」
とうのも、あまりにうさん臭い。


何でフェアプレー精神の世界に、そんな影で暗躍するものがあるの!?

そもそもホントにIOCに呼び掛けするだけなんですかねェ…?

言葉だけじゃなくてアレだ、“袖の下”とかあるんじゃな…ゲフン!ゲフンゲフンゲフンゲフン…!


寝耳に水のこの件で、オリンピックに失望する人も多く出るだろう。

最近ようやく盛り上がってきたとされる、東京の“五輪誘致支持率”にも、しいては五輪誘致自体にも、少なからず影響はあるだろう。

|

« お互い冷水でカゼっぴき | トップページ | お店でのカレ »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

競技性の地味さや人気度の国別格差なども言われてるようですが…選手はただ一番上を目指して鍛錬を重ねるしかないですからね。
レスリングはその成果を競う場として相応しい競技だというのは贔屓目ではないと思いたいです。
スポンサーやテレビ受けを狙えったって、違うと思いますね!

投稿: ばーにんぐK | 2013/02/17 00:00

ばーにんぐKさま、きょんばんは!

カタチは変われど歴史ある競技がこうもあっさりと…。
さらにその理由が、発表通りというのはどうも納得いきませんね。

オリンピック、くさっても鯛ですからね…世界中のレスリング協会が動いているようですが、なんとか残留?して欲しいものです。

投稿: かんげ | 2013/02/18 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/56759385

この記事へのトラックバック一覧です: フェアじゃダメなの!?:

« お互い冷水でカゼっぴき | トップページ | お店でのカレ »