« 師走ですね | トップページ | 相模湖に昭和の影 »

2012/12/23

もう一声のイルミネーション

クリスマスらしいことをと、

「関東最大級 400万球のイルミネーションが輝く冬の祭典」

をうたう、“さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト”へ行った。

キャラクターはパディントン


さがみ湖イルミリオンが点灯されるずっと前、昼下がりに着いたのだけれども、駐車場はほとんどが埋まりはじめていた…スゴいな!

もっもう満車!?


何となく園内を歩き、アトラクションを見学(いくつかは楽しんだ)。

グルグル回るコレ、怖くて乗れんわ!


ハーネスを付けて臨むアスレチック、“天狗道場”が楽しそうだった。


そうこうしているうちに日が暮れ、気付くと周りはお昼以上に沢山の人が。

みんな日没ギリギリまで観覧車周辺で待つのよ、チキンレースみたいに


観覧車は大行列。
イルミネーション巡りもダラダラと流れる行列に身をまかせて。


しかしそれでも、さすがの「関東最大級」。
趣向を凝らされた様々なイルミネーションは、相模湖の澄んだ空気も相まって、ため息の出るほど美しかった。

キラキラ!

キラキラ!

キラキラ!


観覧車のてっぺんから遠くに見える夜景もよかった。


ただ、いたるところで人の多さに比べてスタッフが少なく、残念なことが多かった。

園内の行列が何の行列なのかわからない。


「相模湖駅行きの臨時シャトルバスを動かしている」
と大手を振ってアナウンスしているのだけれども、バスが来ない。
それはそれでいいのだけれども、そこでスタッフがなかなか状況を説明しに来ない。

結局「バスすぐ来ますから!」から1時間半待てども待てどもそのままで、しびれを切らして駅まで歩いたのだった。

結局いつバス来たのかな…。
何も説明のないまま寒空の下で待たざるを得なかった子供連れなどは、大丈夫だったのだろうか。


この時期道が混むのはわかっているのだから、「来る」「来ない」「わからない」、せめて正確な状況説明だけはしてもらいたかったものだ。

イライラ!


LEDの普及で、イルミネーションが新しいビジネスモデルとして確立されたと聞く。

だがしかし、それが成功するかしないか、全てはそれを運営する側の意識の問題だ。

|

« 師走ですね | トップページ | 相模湖に昭和の影 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/56468839

この記事へのトラックバック一覧です: もう一声のイルミネーション:

« 師走ですね | トップページ | 相模湖に昭和の影 »