« 新時代 | トップページ | 木星の縞は見えたかい? »

2012/12/09

DEAT VEGAS

大日本プロレス年末恒例のビッグマッチ、横浜文化体育館大会へ。


第3試合で竹田誠志が復帰。

戦慄の鉛筆剣山!


序盤は不安になる部分もあったが…ツカに圧勝。

最後のジャーマンはさすがの美しさだった。

おかえり!クレイジーキッド!

さすがのジャーマン!


遺恨深まる葛西×沼澤

やはりこの2人の行き着くところは、カミソリデスマッチなのか…!

決着はいつか…


世界タッグ戦で、ゲットワイルド大日上陸。

終わってみれば終始王者ペースで試合が進み、予想以上に横綱相撲を見せつけられてしまった。

マタギの親方キターゲッワイエンタフ


同じく全日本との対抗戦になった、BJWストロングヘビー級。

体格の違いに圧倒させられていた義人だったが、頭突きの連打(自ら流血)→ラリアット一閃で大逆転勝利!
最後のラッシュ、それはそれは圧巻だった。

自傷


メインはコバ×伊東

今年末もっ


すっかり年末の風物詩のカードだったが、7色のデスマッチアイテム…
特に注射器と五寸釘ボードをめぐる争いでは、みているコチラも背筋の凍るような思いをさせられた。

全てを受け止めて…チャンピオン防衛!

もはやボードじゃなくて釘だけ


終わってみればタイトル移動なし、サプライズなしの結果になったが、これはいかに各王者がこの1年、王者たる戦いをしていたかをあらわしているのだと思う。

この安定から誰が抜け出すのか、だれが混沌を巻き起こすのか。

来年に、トゥービーコンテニュード!

心配なのは「プロレス大賞MVP」蛍光灯での技を失敗したこと、何かを暗示しいなければいいが…

|

« 新時代 | トップページ | 木星の縞は見えたかい? »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/56467571

この記事へのトラックバック一覧です: DEAT VEGAS:

« 新時代 | トップページ | 木星の縞は見えたかい? »