« 幸せとは、儚く、脆いものなのだ。 | トップページ | 商店街プロレスの魅力 »

2012/10/18

「遊んでいる女の子の乳首は黒い」という説に対する1つの事例

私の乳首は、

右はカワイイピンク色、

左はまるで泥のように黒い。


数年前、何を間違えたか左胸にワンポイントの入ったTシャツを着てハーフマラソンの大会に参加。

レース中盤からすでに違和感を感じていたが…
無事にゴールし、全てが終わって着替えようとシャツを脱いでみると、案の定、見事に左の乳首は刺繍と擦れて血がにじんでいたのであった。


その後の、ヒリヒリ時期→カサブタかゆかゆ時期→かきこわしてしまいまた再流血時期を幾度かくり返すと…ハイもうすっかり黒い乳首のできあがり。

その影響は今でも続いていて、このくらいの時期になると途端に乾燥し、カサカサと肌荒れするようになってしまっているのである。


と、いうわけで、表題の件。

都市伝説とも思われるこの一件も上記の実例から、あながち間違えではないと思われる。


ただし、“流血するくらい乳首を弄くり倒されている”という極めてハードコアな例になるが。

|

« 幸せとは、儚く、脆いものなのだ。 | トップページ | 商店街プロレスの魅力 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/55917258

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊んでいる女の子の乳首は黒い」という説に対する1つの事例:

« 幸せとは、儚く、脆いものなのだ。 | トップページ | 商店街プロレスの魅力 »