« 次点はくまモン | トップページ | 新しい波だった »

2012/09/25

風が!

大日本プロレス後楽園ホール大会へ。

初めての蛍光灯デスマッチに挑んだ塚本拓海
WX・石川に果敢に挑むも、やはり力の差キャリアの差はいかんともしがたく…額から背中から大流血。

しかしそれでも決して諦めず食らい付き、ホールを大熱狂させた。

石川をフィッシャーマンで投げた!


華麗な技、柔道というバックボーン、そして最近メキメキと力強さも持ち併せるようになってきたツカ
デスマッチ頭やフィニッシュ技の開発は、時間と経験が解決してくれることだろう。

何より大切な、気持ち!
試合は敗れたが、最後悔しそうにリングを睨み付けた目は、ギラギラしたままだった…!

美しい背中


試合後すぐに売店に立つ姿も晴れやか。
本人はデスマッチファイターらしくスゴ味をきかせて振る舞おうと思っているのかもしれないが、気を抜くと出てしまう(?)この笑顔…!

彼はホント、カラッと爽やかな大日デスマッチファイターの、スター候補生なのだと感じた。

キャアイケメン!


「負けちまったなァ…でも1つだけ言わせてくれ。大日本の未来は、ココにある!」

今日はパートナーとしてバックアップに徹していた伊東の言葉。

いつか後継者として彼を追いかけ、焦らせる日が来るように…!

継承者


アブドーラ・小林木高イサミが挑んだメインのデスマッチヘビー級選手権は、超高層ラダーをめぐる死闘!

空中戦


コーナーからのダブルニードロップwith蛍光灯を決めたイサミが、その後消えた!

と思ったらあっという間にラダーに登っていて…
最上段から飛んだ姿は美しく、圧巻だった。

予告旋風


さらには序盤から王者の頭部を常にハードヒット。

ものすごい勢い!

鬼気迫る!


しかしチャンプは全てそれを受け止め、自らもコーナーやラダーからエルボーを連続投下。

二人の脚が折れてしまうのではないかと心配になるほどのタフマッチを、コバが防衛したのであった。

バカチンガー


試合後王者は、イサミの盟友・宮本を逆指名。

もちろんそれを快諾した裕向から出た言葉は…「建築現場デスマッチ」だった!


今、大日本に猛烈に、風が吹きはじめている!
新しい風だ!

若手が勢いづき、それにベテランが応え、団体は成熟していく。


今の大日デスマッチには、明るい未来しか見えない!

|

« 次点はくまモン | トップページ | 新しい波だった »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/55750993

この記事へのトラックバック一覧です: 風が!:

« 次点はくまモン | トップページ | 新しい波だった »