« プロレス愛のひとつのかたち | トップページ | 「貴婦人がつくったワイン」なのかと思ってたのでござる »

2012/09/28

4号来る

先日、見事にカメラを壊してしまったので、新しいカメラを買った。

デジカメ4号は、PENTAX“Q”

小さくてカワイイので、前から欲しかったのだ。(完全に見た目だけ)

ようこそ!


はじめは白にしようかと思っていたのだが、別売りの皮ケースと合わせた姿がとてもステキだったので、黒を購入。


「自分が首からでかいカメラを下げると、何となく変な風に勘違いされそう…。」
と不安を抱く、私のような人間にバッチリなファッション性。

またコンパクトで持ち運びが楽なので、いつでもどこでも、一眼入門にピッタリだ。


ただし、1つ不満があるとしたら、音。

“ミラーレス一眼”なのである程度は覚悟していたが、一応一眼特有のアノ重量感のある、
「バシャッ!」
というシャッター音風なものを期待していたのに、

「カショ…。」
と、それはあまりにも貧相だった。

デジタル音なんだからどうとでも設定できそうなものなのに…。


と、いうわけで、いい意味でも悪い意味でもおもちゃのように楽しめる機種。

ここ数日は「初めての一眼」で色々四苦八苦している。

と、同時に、前機コンデジの便利さを改めて思い知らされてもいる。

はー早く望遠レンズ出ないかしら。
じゃないと遠くからのスポーツ観戦が楽しめないよ…。


※今さらこのタイミングで、デジタル時代に併せて当ブログもパワーアップ。掲載画像の大きさが変わりました。

|

« プロレス愛のひとつのかたち | トップページ | 「貴婦人がつくったワイン」なのかと思ってたのでござる »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/55751437

この記事へのトラックバック一覧です: 4号来る:

« プロレス愛のひとつのかたち | トップページ | 「貴婦人がつくったワイン」なのかと思ってたのでござる »