« 夏を取り戻せ | トップページ | 別れは4年後、突然に。 »

2012/08/27

帰ってきたクレイジーモンキー

FREEDOMS・葛西純プロデュース興行“デスマッチトーナメント2012”へ。

ちょうど1年前、「来年負けたら引退」を宣言した葛西だったが、トーナメント直前になって古傷のヒザを大ケガ。
引退うんぬんの前に参加さえも危ぶまれていたが、ギリギリで間に合った!

後楽園ホール!


しかし久しぶりに見た葛西の両ヒザには、テーピング…じゃない、もはや器具のようなもの。
ガッチガチに固定されたそれを見ると、ムリをおしての復帰は明確で、全身には悲壮感が漂っていた。


しかし試合は変わっていなかった、狂う!
準決勝で早くもカミソリボードを持ち出し、頭から突っ込む。

決勝ではリングにポッカリと空いた穴へ、パワーボムでガラスを突き破り真っ逆さま!

そこから血まみれで這い上がる姿からは、プロレスでまだまだ生きたいという叫び声が聞こえるようだった。


他にも剣山、竹串、カッターナイフが乱れ飛ぶ、まさしくハードコアマッチを征し、

「まだまだ暴れ足りねぇ!狂い足りねぇ!」
と叫んだクレイジーモンキー。

試合途中からあまりに壮絶な父の姿に涙し、試合を見れなくなっていた愛息のもとへ駆け寄り、血まみれのまま抱き締める姿は、美しかった。

準決勝はラダーデスマッチなのに蛍光灯!カミソリ!


ケガからの生還。
デスマッチからの生還。

ヒザの状態は心配だけれども、葛西純はまだまだ生き続ける!

|

« 夏を取り戻せ | トップページ | 別れは4年後、突然に。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このトーナメント、大阪にも来てくれたのですが、職場の大きなイベントがあり、休めませんでした。残念です。
狂えることの素晴らしさ、それもまた人間だから見せられるものだと思います。「引退」を逃れた葛西ですが、過酷な闘いに終わり無く、本物の血や傷に”生き抜いていく覚悟”の証を刻んでいくのですね…。

投稿: ばーにんぐK | 2012/09/05 01:01

ばーにんぐKさま、きょんばんは!

この興行での葛西は、もちろん試合内容も素晴らしかったですが、やはりそのにじみ出た生き様…
その覚悟に圧倒され、感動させられました。

プロレスラーって、やっぱりスゴいDeath!

このデスマッチトーナメントの葛西×竹田もそうだし、NOAHのモリシ×KENTA、そして新日本は棚橋×丸藤…
最近関西で魅力的なカードがバシバシ並んで、羨ましくてしょうがないですー!

投稿: かんげ | 2012/09/06 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/55548328

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたクレイジーモンキー:

« 夏を取り戻せ | トップページ | 別れは4年後、突然に。 »