« 魔の月曜日 | トップページ | 選挙ブームが起これば国政選挙への投票率も上がるのか »

2012/06/05

YAMARYU

竹田誠志と飲む!”イベントで、伊勢佐木町にある横浜プロレス酒場“YAMARYU”へ行った。

引退を目前に控え、もはやレジェンドになりつつあるプロレスラー・山川竜司のお店。


細かくスナックが密集する雑居ビルのイチバン奥。
ドアを開けると、レジェンドは、5人座ったら満席なカウンターの小さなお店の端で、暑い暑いと言いながらお酒を割っていた。


「竹田君!竹田君!」とことあるごとに主役にちょっかいを出し、ダジャレとボケ→ひとり突っ込みで盛り上げるレジェンド。

普段だったら大日本の若手さえもが強烈に突っ込むらしいが、今夜いるのはファンと他団体のレスラーのみ。
みんなが苦笑し続ける中でも、めげずにずっと盛り上げ役に徹していた。


今夜は“山川手づくりギョウザ食べ放題!”だったのに、イベントが始まってからギョウザの皮を取り出し包み出し、さらには、
「こないだテレビで見たんだよ!」
と言って創作料理をはじめる山川。

緑茶割りのお茶が無くなったので粉茶を水でとかしてみたものの、うまく出ず失敗する山川。

「ギョウザが中途半端…こんなんじゃ納得できない!」と言ってイベントを勝手に1時間延長する山川。


レジェンドなのだが…

純朴!近い!なんていい人なんだろう!
それはリング上でにじみ出ていたイメージそのまま。


かつて彼の全盛期(本人が言っていた)をファンとして追いかけていた竹田とのコンビも、新鮮でおもしろく、新世代デスマッチファイターは、
「あの時カバンにサインしてやった彼がね~。レスラーになるだなんて嬉しいね~。」
と懐かしむように語っていた。
「でもほどんど昔のことは忘れちゃってるけどね!エヘッへッへ!」

しかし竹ちゃんはマホン派だったらしい


至らないこともあるかもしれないが、この人は本当の真心でここにいる!


そんなレジェンド、帰る時に、
「『また来ます』って言って、みんな来てくんないんだよもう~。」
と嘆いていた。

何かこの人前に、ウソはつけないよ…行く!絶対に行きますっ。

|

« 魔の月曜日 | トップページ | 選挙ブームが起これば国政選挙への投票率も上がるのか »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/54894706

この記事へのトラックバック一覧です: YAMARYU:

« 魔の月曜日 | トップページ | 選挙ブームが起これば国政選挙への投票率も上がるのか »