« 哀しみを感じさせないフォールダウン | トップページ | 平日まみれ »

2012/05/31

広いは狭い

 プロ野球セ・リーグのヤクルトは29日、試合中に簡易ブログ「ツイッター」に投稿したとして、バレンティン外野手に厳重注意した。25日の西武1回戦(西武ドーム)の試合中に「I will never give up」と書き込んだ。球団側が29日に本人に確認したところ、事実関係を認めて謝罪した。投稿はロッカールームで携帯電話を使って行ったという。
 (12.5.29『スポーツナビ』

もしこれが前向きな言葉ではなくて、球団への不満だったり、チームの作戦などの機密情報であったとしたら、どうなってしまったのだろう…なんて気になった。

自分も仕事をしながらツイートするし、時には(日によってはほとんど)そのグチをつぶやいたりする場合もあるので、他人ごとには思えない事例だからだ。


それにしても、家庭・仕事・友人…人は様々な場所で様々な立場を使い分けているが、TwitterFacebookでつながることにより、その関係性の境界が希薄になっている。

どんな時でもどんな場所でもケイタイを開くだけで、兄弟も、職場の同僚も、中学時代の友人も、今何をしているかが同時にわかる。
ケイタイの中には、全く関係の無かったその3つの世界が密接に合わさっている、新しい環境がある。


私の職場でもほとんどの人がFacebookをやってつながっているため、休日明けで顔を合わせた途端でも、
「~行って来たんだね!」とか
「お子さん誕生おめでとう!」
なんてプライベートな話題で盛り上がれている。

仕事のメールアドレスには、少し仕事で絡んだだけの人からのFacebookのおさそいが頻繁に来る。

みんなどんどん周りを繋げ、世界を1つにまとめ、広げている。


でもそんな世界での所作って、すごく難しい。

上記の人たちからは、同時に、
「職場の上司も見てるからあまりプライベートのことは投稿できない。」とか、
「興味の無い友人の友人の写真がいっぱい流れてきて困る。」
なんて声も聞く。


見たいこと見たくないこと・聞かせたいこと聞かせたくないことが立場によって変わる中で、全てに共通する行為なんてなかなか無いだろう。

ちなみにもちろん私はFacebookはやってないし、Twitterもっひっそりだ。
悪口を、わざわざ悪口の相手に見せるわけないだろ!


世界がまとまり広がることが、逆に居心地の悪い・窮屈さを生み出してしまうことだって、あるのだなァ。

|

« 哀しみを感じさせないフォールダウン | トップページ | 平日まみれ »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

そうなんです!
実は、仲良しの義妹がフェイスブックをやっていて、私の登録をしてくれたんですよ。昨日。
したら、ダンスの先生やら何やら膨大な数の『知り合いではないですか』みたいなのが来て、ビックリしたのと怖くなったのと、複雑な心境。
しかも、友人の友人の人のことは良く思ってない人だったりして、その人にまで私の交流関係が知れて嫌な気分。
全く窮屈でなりません。
かんげさんのおっしゃること、ほんと私も思いました。

投稿: まんちゃん | 2012/06/02 23:11

まんちゃんさま、こんばんにゃー。

何なんでしょうね。アノ「見つかっちゃった」感!

実際の社会では、「私この娘と友達なんですよー」って常に言ってる状態はないですもんね。
リアルよりもドンドンつながって、ドンドン広がっていっちゃうんですよね。
そこがやっぱりSNSには出会い系っぽい、うさん臭さを感じてしまうのです…。

「友達の友達はみな友達だ!」とはならないのが人間ってもんですしね。

こうなってしまった以上は…どうしましょ。うーん。

投稿: かんげ | 2012/06/04 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/54843968

この記事へのトラックバック一覧です: 広いは狭い:

« 哀しみを感じさせないフォールダウン | トップページ | 平日まみれ »