« 信頼不足 | トップページ | 広いは狭い »

2012/05/29

哀しみを感じさせないフォールダウン

土曜日の22時。夜の道玄坂上。
楽しくお酒を飲んで、外に出た途端…入口の段差につまずいてハデに転んだ。

いわゆる、
“オッサンが酔っ払って転ぶ”
ってやつだ。


傍から見たら、相当哀しい光景であっただろうが…私は、嬉しかった。

「よかった。手が…ちゃんととっさに手が出た…!」


ついこの間自宅前で転んで、鼻の頭にバンソコウを貼っていた同級生に会ったばかりだったので、なおさらだった。


と、いうわけで今は、アスファルトでとった華麗な前受け身の代償・裂傷した両手のひらの痛みに耐えながら、キーボードをたたいている。

さすがにバンソウコウ無いと痛いの

|

« 信頼不足 | トップページ | 広いは狭い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふふふ。
わかりますよ~。
多分私も同年代。
この前、雨の日に横浜駅で思いっきり滑って、お尻から落っこちました。
両足は宙に浮いて、すごい画だったと思います。
でも、落ち方がよかったのか、負傷なく、恥ずかしかったせいもあって、転びそうになりながら急いで駆けて逃げましたよ~~。
うちどころが悪かったら怖かったなって思って、一応ダンサーだしねー、うまくキュウショだけはかわしたのかしらと勝手に思ってました。

投稿: まんちゃん | 2012/05/30 13:08

まんちゃんさま、こんばんはー。

!!まるでマンガで「ギャフン!」って言ってるかのようなポーズ!
ダンサーさんはお尻のお肉とか無さそうだから、痛かったんじゃないですか…?
でもケガなくてよかったぁ。まだまだ、大丈夫ってことですね!

ちょっとおっちょこちょいなのは…年齢なのか性格なのか…

投稿: かんげ | 2012/05/31 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀しみを感じさせないフォールダウン:

« 信頼不足 | トップページ | 広いは狭い »