« 野球って、ホントわからない。 | トップページ | まさかの…もはやまさかじゃないか。 »

2012/04/12

ホントに大丈夫なの?

 定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について、野田政権は9日の関係閣僚会合で、暫定的な安全基準に「おおむね適合している」と判断し、安全性を確認した。ただ、さらに議論する必要があるとして、再稼働の妥当性の政治判断は先送りした。
 この日は、関電が大飯原発に対して実施済みや計画中の安全対策が、6日に決めた安全基準と適合しているかどうかを確認した。安全基準のうち、地震や津波が起きても全電源が失われない対策や、炉心などの冷却機能を維持する対策は実施済みだとして、会合後に会見した枝野幸男経済産業相は「基準をおおむね満たしている」と述べた。
 残る安全基準となる中長期対策では、関電がこの日提出した「工程表」を盛り込んだ実施計画を検討した。事故発生時も作業が可能な「免震事務棟」の完成を前倒しするなど2015年度までに必要な対策をとる内容で、枝野氏は「事業者が安全確保に必要な措置を不断に実施する姿勢が明確だ」と評価。一方、「大変重要なことで、納得できるか精査をした上で、もう一度議論する」とも述べ、大飯原発の再稼働が妥当かどうかの判断は次回以降に持ち越す考えを示した。
 (12.4.6『朝日新聞』

普段はチンタラチンタラしている国が、殊この件に関してだけは、ずいぶんトントン拍子に話をすすめている。

まるで、すでに敷かれているレールの上を進んでいるだけのように…と、ついつい色々勘ぐってしまうのはしょうがないことだろう。


私は、「脱・原発」には賛成だけれども、完全にこれを無くすことはできないと思っている。

あまりにも今までの存在が大き過ぎた。
電気の安定供給のためには、もはや醒めてしまっているが、夢のエネルギーの存在は致し方ない。


ただしこれだけに依存する生活や、原発利権は解消しなければならない。変えなければならない。

そして何より、安全面の問題をクリアしなければならない。
もう、去年のような目にあうのは絶対にイヤなのだ。

地震はいつ来るかわからない…今、どうなの?安全なの?


国民の大部分は同じような考え方で、上記のことがキチンと定まるためなら、それまでまた昨年のような停電だって節電だって受け入れてやろうと思っているにちがいない。

国民がこんなに協力的な気持ちになっているのに、何か影でコソコソと…
「早く動かせたい」ただただそれしか感じられない現状では、みんなのこの思いは、裏切られてしまうような気がしてならない。

|

« 野球って、ホントわからない。 | トップページ | まさかの…もはやまさかじゃないか。 »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよ。
去年の節電対策。
あれは普段と比べてどれくらい節約できたんでしょうか。
去年の不自由さなんてなんてことないのに。。
原発→怖いことが起きる可能性アリ
原発なし→可能性なし
だったら、絶対、原発→なくてもいいように努力

するのにな。そりゃー北朝鮮くらい町が暗くなるのは困るけど。
ちょっとくらい不自由さを感じるくらいのほうが、生きていくのも面白いって気がします^^
そして、もっとニンゲンもリラックスするかも。

協力するからすぐの稼動、ちょっと待ってって思います。

投稿: まんちゃん | 2012/04/16 14:10

追記
でも、ニンゲンは喉元過ぎれば熱さ忘れるんでしょうね。
だって、今、去年ほどの節電意識ないですもんね。
PCでも、現在の使用電力を明らかにしていたのに、今ないですもんね。

どれだけ我慢することで何がどのくらいよくなるんだよって教えてほしいです。

投稿: まんちゃん | 2012/04/16 14:13

まんちゃんさま、こんばんにゃー。

確かに、ここ最近のふってわいたような原発再稼働の話題は、逆に我々の意識が急速にしぼんだことの裏返しだったりして…。

原発だって、増税だって、納得いく説明や格好を見せてもらえれば、って思っているのに…見せてくれないってことは何かあるんだって勘ぐっちゃうし、勝手だなァって思っちゃいますよね。

何か国民と国との足並みが揃っていないというか、どっちつかずの方向を向いているというか。

投稿: かんげ | 2012/04/16 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/54455211

この記事へのトラックバック一覧です: ホントに大丈夫なの?:

« 野球って、ホントわからない。 | トップページ | まさかの…もはやまさかじゃないか。 »