« 結界を! | トップページ | ポン。心配だポン。 »

2012/03/30

極めて後ろ向きな杞憂

 △阪神5-5DeNA△(30日・京セラドーム)
 負けなかった阪神。だが救援陣が踏ん張れなかった試合に、初采配の和田監督は「すんなりいきたいとこだった」と本音を隠さなかった。
 2点を追う七回に代打・関本が左翼に逆転3ラン。一気に阪神ペースとなり、八回は「方程式」通り榎田が3者凡退に抑えた。さあ、というところで藤川が打たれて追いつかれた。延長十回も、いずれも勝ちゲームを任せたい筒井が先頭打者に死球を与え、福原があっさりと勝ち越しを許した。
 ただ、藤川は「狙い通りの球。やっぱりいいバッター」と同点打のラミレスに花を持たせる余裕すら漂わせ、山口投手コーチも「(藤川は)調子が良すぎる。筒井はまた同じ場面で仕事をしてくれればいい」と心配していなかった。
 「なかなか平常心ではできない」と振り返った和田監督。開幕戦という特別な試合がわずかな狂いを生んだだけか。本当の投手力が試される。
 (12.3.30『毎日新聞』


プロ野球開幕。

相変わらずオープン戦でぶっちぎりの弱さを見せつけていた阪神タイガース


私は、現役時代から和田豊現監督のファンであったので、

「和田監督の胴上げが見たい!」
と言うと思いきや…

「和田監督がファンから責められるのを見たくない…。」
と目をつぶりたい気持ちでいっぱいでいる。


ダメダメ!こんな後ろ向きじゃあ!

と、いうわけで、今年こそはがんばれタイガース!!

|

« 結界を! | トップページ | ポン。心配だポン。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/54373875

この記事へのトラックバック一覧です: 極めて後ろ向きな杞憂:

« 結界を! | トップページ | ポン。心配だポン。 »