« よくぞ! | トップページ | 亜流、亜流! »

2012/02/21

忘れてしまうから

 山口県光市で99年に母子を殺害したとして殺人や強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の元少年(30)の差し戻し上告審判決で、最高裁第1小法廷=金築誠志(かねつき・せいし)裁判長=は20日、被告側の上告を棄却した。小法廷は「何ら落ち度のない被害者らの尊厳を踏みにじり、生命を奪い去った犯行は冷酷、残虐で非人間的。遺族の被害感情もしゅん烈を極めている」と述べた。無期懲役を破棄して死刑を言い渡した広島高裁の差し戻し控訴審判決が確定する。(後略)
 (12.2.20『毎日新聞』

今の自分が、13年前にしたことを問われたら、戸惑うことだろう。

人間は哀しいかな、いいことも悪いことも忘れてゆく生き物。

罪の意識も、罪の記憶も…。


だからこそ、遺族への配慮としての側面はもちろんのこと、被告のためにも、刑の確定は早い方がいいとしか思えない。

|

« よくぞ! | トップページ | 亜流、亜流! »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/54056353

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れてしまうから:

« よくぞ! | トップページ | 亜流、亜流! »