« 皇居、走ってます | トップページ | 痛いのもうウンザリ »

2012/01/20

共感力を失った歌手の行く末

 昨年元日に結婚した歌手の浜崎あゆみ(33)とオーストリア出身の俳優マニュエル・シュワルツ(31)が17日、代理人を通じて、米ネバダ州の裁判所に離婚申請を提出し、受理された。近く離婚が成立する見込み。
 2人の結婚は日本の役所に婚姻届を提出していなかったため、浜崎は戸籍上は独身のままだった。浜崎は16日に仕事のため中東方面へ旅立っており、今月末に帰国する予定。
 (12.1.18『スポーツ報知』

“共感”するからこそ、人はその歌に惹かれる。

ラブソングだって、応援ソングだって。


10年くらい前・学生時代の頃、友人のカマキリ君(男子)が、
「浜崎あゆみ、最高!歌詞に共感できるんだ。」
なんて言っていたことを思い出すが…

今の浮き世離れした彼女に、若者にそんな言葉を言わせる要素があるのだろうか。


だからといって普遍的な言葉を並べれば売れる時代でもないし、

“カリスマ!”
“若者からの圧倒的支持!”
などと言われていた彼女は今後、どうするのだろう。

|

« 皇居、走ってます | トップページ | 痛いのもうウンザリ »

「ニュース」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/53814425

この記事へのトラックバック一覧です: 共感力を失った歌手の行く末:

« 皇居、走ってます | トップページ | 痛いのもうウンザリ »