« チャーハンは裏切らないが | トップページ | 憧れの富士屋ホテル »

2011/12/18

プロレスに、ありがとう。

大日本プロレス年末のビッグイベント、横浜文化体育館大会へ。

3大タイトルマッチ1戦目は、BJWタッグ選手権。

仲悪タッグからすっかりデレデレタッグな兆しの義人・組。
すっかり目の離せない存在になった。

試合終盤、裕向の新必殺技・卍コブラに捉えられ絶体絶命の忍を救いに、イサミを引きずりながらリングに上る義人…
であったが、あとわずか数センチのところで力尽きた瞬間は、壮大なドラマを見ているように切なくなった。

タイトル挑戦に失敗して一区切りかもしれないけれど、もう少しこの2人のツンデレ恋愛劇場を見てみたい。


セミのアジアタッグは対抗戦だけあって大盛り上がり。

そんな中、諏訪魔の存在感が群を抜いていた。
悪い!強い!
ヒールのように会場をあおり、関本を圧倒する。

まさにメジャークオリティ。
昨今はメジャーとインディーの差なんてもはや存在しないと思っていたが…
ここまで見せつけられるとは。

試合後諏訪魔×関本、一騎討ちの気運が高まった。
この2人ならただただ“スゴい”試合を見せてくれそうだ。


メインはBJWデスマッチヘビー級、伊東竜二×アブドーラ小林。

目新しさがないカード、そしてセミの熱狂の後というハンデの中だったが…
途中無数のフォークが刺さった凶器があらわれた時は、さすがに客席から悲鳴が上がった。


結果はまさかの王座移動。

正直、もう少し伊東に王者として君臨していてもらいたかった。
絶対王者を超えるための若手からベテランまでの切磋琢磨、そしてそれを超えたレスラーがあらわれてからのネクスト。
また、MASADAとの完全決着戦も見たかった。

しかし一方で愛を叫び続けているコバは、業界を巻き込んだ新しい王者、新しい大日本プロレスを見せてくれると宣言した。
こうなったら来年は、コバに、ファンの想像できないくらいのBJWを見せてもらいたい。
期待したい。


と、いうわけで、一応予定では今年のプロレス観戦は今日で終わり。

今年はたくさん悲しいことがあった…
そんな中、人生を戦わせ、倒れても倒れても立ち上がるプロレスこそ、日本を励ますのにピッタリなものだと、私は思っている。

|

« チャーハンは裏切らないが | トップページ | 憧れの富士屋ホテル »

「スポーツ」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/53838828

この記事へのトラックバック一覧です: プロレスに、ありがとう。:

« チャーハンは裏切らないが | トップページ | 憧れの富士屋ホテル »