« 大事業後の没個性に悲哀 | トップページ | ところ変わりゃ花火も変わる »

2010/07/28

哀しき大変化

“結婚式のニ次会”ってどういうもの?

あくまで軽い、友達同志の飲み会みたいなもの?


今日、メールが届いていた。

「オレ、結婚します。」
「二次会やります。来て。」

「アイツとアイツとアイツと…以上6名にも声かけておいて。」
「それで、全員分の参加可否をまとめて、返事ちょうだい。」


飲み会かよ!

おかしくない?
ちゃんと個人個人にお誘いの連絡しなくて、いいのだろうか。
「二次会」っていっても、“祝ってもらう”“来てもらう”ものだよね?


いくら目上の人でも、これはないんじゃないかと思ったのだった。


その方、高校生までは硬派で不言実行の塊のような人だったのだが、大学に入って女の子と飲むようになると、そして恋人ができると…
突然音信不通になったり、友人との旅行をドタキャンしたり、ドンドン色々な部分がだらしなくなってしまった。

いわば“女で変わっちゃう男”だったのだなぁ。

|

« 大事業後の没個性に悲哀 | トップページ | ところ変わりゃ花火も変わる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2次会、友人の友人のそのまた友人の2次会。
行かなくてもいいんじゃないの?知らないし・・・みたいな。。。
でも、一応誘われたので、行くと、知らない人ばかりで、挙句の果てに7000円も払って、ポテトフライや大皿が5枚ほどあって、すぐに空っぽで、飲みメニューも限られてて、不満ばかりが募りました。
やっぱり「祝ってあげたい」気持ちないと行かないほうがいいですね。
だって、「気持ち」入ってないんですもーん^^;

投稿: まんちゃん | 2010/08/02 18:15

まんちゃんさま、こんばんにゃー。

そこまで遠ぉーいと…もうホント、「おいしいお酒があればいいかな。」とかになっちゃいますよね。
それで無かった日にゃあねぇ!

何でもそうですけど、「気持ち」ってすごく大事ですよね。
辛いことでも気持ちが前向きだとできちゃうし、その逆もありますし…。

損得勘定?腹黒い?
でも、人間はそういうふうにできちゃってる!
それを超える高尚な「気持ち」になる時も、ありますけどね!

投稿: かんげ | 2010/08/03 14:18

わたしの場合10年近く音信不通だった高校時代の友人から突然メールで式への出席の打診があり普通、これだけ会ってないのに出席して欲しいなら、根回しじゃないけど電話とか会いにくるとかあるんじゃないの?と思いつつも出席したのですが、他の高校時代の友人にはメールすらなく招待状だけでした。

帰宅時には祝う気持ち0でした。
もちろん後フォローもなし。

昔はどちらかと言うと律儀できっちりしてたのに・・と年月が人を変えるのねと思っていたのですが、不義理になってしまう人っているもんなんですね。

にしても女でそれだけ変わるって言うのは・・・ごめんなさい。想像するとちょっと面白いです。www

投稿: みみ | 2010/08/05 10:38

みみさま、こぶさたしております!

あちゃー!あるあるそういうのっ。
最初に無ければ終わりもフォロー無しとは…。
「人数合わせだよなぁ自分…。」て思ってしまいますよね。

世の中には自分の価値観と遠いところにいる人はたくさんいる、それはわかってるんですが、いざ自分の近くにいるとさすがに戸惑いますし、それが昔仲良かった人だと悲しいですよね…。

男で変わる女はよく聞きますが、女で変わる男もいるんですよ〜!

投稿: かんげ | 2010/08/06 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀しき大変化:

« 大事業後の没個性に悲哀 | トップページ | ところ変わりゃ花火も変わる »