« 思い出のブーン | トップページ | 発泡酒はうすくてかなわんな~かなわんな… »

2010/06/15

何をわかっているのだろう。何をできるのだろう。

自分が丹精込めてつくり上げてきたものを、完成目前で壊される…その悲しみ・辛さは、想像に難くない。

しかも宮崎県の口蹄疫の事例は、そこに命があるから、余計にやり切れない。


毎日何千もの命を殺していく作業。

きっと現地は地獄絵図のようになっていることだろう。

経済的なダメージはもちろんだけれども、関係者の精神の疲弊もヒドいことだと思う。


休日の渋谷で配られていた保守系新聞の号外には、そんな現地の悲惨な状況のレポートが並んでいた。

途中から民主党批判へ展開してしまっていて、話題がすりかわりそうで怖かったが、国の対応への疑問が持ち上がっているのは確か。
そして、圧倒的に報道が少ないのも確か(上記紙によると、全ての報道機関は民主党寄りのため、政党のマイナスになる本件は意図的に抑えられているとのこと)。


同じ国の中で、こんな悲惨なことが行われている現状…。

まず大切なことは、知ること。

こういう時に、ブログやTwitterなど、何にも脚色されない生の声が聞けるインターネットがあって、本当によかったと思う。

県知事のツイートをさかのぼりながら、自分には何ができるのだろうかと思っていた。

|

« 思い出のブーン | トップページ | 発泡酒はうすくてかなわんな~かなわんな… »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

国は、牛を育ててきた農家の人へしっかりした保障をしてほしいですね。殺さないと解決しないというニュースに、悲しみに似た切なさを感じてしまいます…。

投稿: ばーにんぐK | 2010/06/19 00:13

バーニングKさま、こんばんは。

あれだけの大きさの動物を殺すのだって大変なのに、そこに今までたくさんの情や手間がかかっていたと思うと、ホント無念さを感じます。
理由がないってわけじゃないですが、生き物を殺して気持ちのいい人なんていないわけですし…。

なんとかしてあげたい。なんとかしてあげてほしい。心からそう思います。

投稿: かんげ | 2010/06/21 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/48639280

この記事へのトラックバック一覧です: 何をわかっているのだろう。何をできるのだろう。:

« 思い出のブーン | トップページ | 発泡酒はうすくてかなわんな~かなわんな… »